Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「ワトスンの推理法修行」(ワトスンのすいりほうしゅぎょう、How Watson Learned the Trick)は、アーサー・コナン・ドイル自身によるシャーロック・ホームズシリーズのパロディ。イギリス国王ジョージ5世の王妃メアリーに捧げる目的で、1924年に1500部のみ刷られた「王妃のドールハウスの書斎の本」に寄稿された掌編小説。シャーロキアンは「正典」に対する「外典」と位置づけている。あまりにも短い話であるために、なかなか決定的な日本語訳が出版されずにいたが、1999年に翔泳社から発売された『ドイル傑作選』、2004年に創元推理文庫から刊行された『まだらの紐 ドイル傑作集 1』に収録され、現在では比較的容易に入手が可能となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 93657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46639498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「ワトスンの推理法修行」(ワトスンのすいりほうしゅぎょう、How Watson Learned the Trick)は、アーサー・コナン・ドイル自身によるシャーロック・ホームズシリーズのパロディ。イギリス国王ジョージ5世の王妃メアリーに捧げる目的で、1924年に1500部のみ刷られた「王妃のドールハウスの書斎の本」に寄稿された掌編小説。シャーロキアンは「正典」に対する「外典」と位置づけている。あまりにも短い話であるために、なかなか決定的な日本語訳が出版されずにいたが、1999年に翔泳社から発売された『ドイル傑作選』、2004年に創元推理文庫から刊行された『まだらの紐 ドイル傑作集 1』に収録され、現在では比較的容易に入手が可能となった。
rdfs:label
  • ワトスンの推理法修行
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of