Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワディ・アル・ヒタンまたはワディ・アル=ヒタン(アラビア語: وادي الحيتان‎ (wādī al-ḥītān)、英語: Wadi Al-Hitan)は、エジプトのファイユーム県(en。cf. ファイユーム)にある新生代古第三紀の堆積層。英語で "Whales Valley"、日本語で「クジラ渓谷(クジラけいこく)」「クジラ谷(クジラだに)」などと意訳され別称される当地は、その名のとおり、進化過程の早期にあたるクジラ類(バシロサウルス科)の化石が多数発掘されることで地質学的に著名である。2005年7月には、南アフリカ共和国のダーバンで行われた第29回世界遺産委員会にて、ユネスコ世界遺産リストに自然遺産として登録された。
dbpedia-owl:id
  • 1186
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 300509 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57809656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:area
  • 20015.0
prop-ja:country
  • エジプト
prop-ja:enName
  • Wadi Al-Hitan
prop-ja:frName
  • Wadi Al-Hitan
prop-ja:iucn
  • VI(資源保護地域)
prop-ja:jaName
  • ワディ・アル・ヒタン
  • (クジラ渓谷)
prop-ja:mapImg
  • 画像:LocMap of WH Wadi Al-Hitan.png
prop-ja:mapImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:rgYear
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:siteImg
  • ファイル:Whale skeleton 2.jpg
prop-ja:siteImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:urlNo
  • 1186 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 29.270833333333332 30.04388888888889
rdf:type
rdfs:comment
  • ワディ・アル・ヒタンまたはワディ・アル=ヒタン(アラビア語: وادي الحيتان‎ (wādī al-ḥītān)、英語: Wadi Al-Hitan)は、エジプトのファイユーム県(en。cf. ファイユーム)にある新生代古第三紀の堆積層。英語で "Whales Valley"、日本語で「クジラ渓谷(クジラけいこく)」「クジラ谷(クジラだに)」などと意訳され別称される当地は、その名のとおり、進化過程の早期にあたるクジラ類(バシロサウルス科)の化石が多数発掘されることで地質学的に著名である。2005年7月には、南アフリカ共和国のダーバンで行われた第29回世界遺産委員会にて、ユネスコ世界遺産リストに自然遺産として登録された。
rdfs:label
  • ワディ・アル・ヒタン
owl:sameAs
geo:lat
  • 29.270834 (xsd:float)
geo:long
  • 30.043888 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ワディ・アル・ヒタン
  • (クジラ渓谷)
  • Wadi Al-Hitan (La vallée des Baleines)
  • Wadi Al-Hitan (Whale Valley)
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of