Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワッセナー合意(ワッセナーごうい、Akkoord van Wassenaar)とは、オランダで1982年に行われた雇用者団体と労働組合と政府の間で交わされた合意で、失業の増大とインフレーション進行を阻止するため、賃金上昇率の抑制を取り決めたものである。その結果、1970年代から続いてきた賃金と物価のスパイラル現象の抑止に成功し、失業率の低下と経済成長を同時に達成することが出来た。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1735575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58751472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ワッセナー合意(ワッセナーごうい、Akkoord van Wassenaar)とは、オランダで1982年に行われた雇用者団体と労働組合と政府の間で交わされた合意で、失業の増大とインフレーション進行を阻止するため、賃金上昇率の抑制を取り決めたものである。その結果、1970年代から続いてきた賃金と物価のスパイラル現象の抑止に成功し、失業率の低下と経済成長を同時に達成することが出来た。
rdfs:label
  • ワッセナー合意
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of