Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワシントン子午線(ワシントンしごせん、Washington meridians)とは、アメリカ合衆国の本初子午線として使用された、ワシントンD.C.を通る4つの子午線である。4つのワシントン子午線は、以下のように定義される。 アメリカ合衆国議会議事堂を通過する子午線 (Capitol meridian) ホワイトハウスを通過する子午線 (Whitehouse meridian) 旧アメリカ海軍天文台跡地(フォギーボトム)を通過する子午線 (old Naval Observatory meridian) 新アメリカ海軍天文台を通過する子午線 (new Naval Observatory meridian)これらの子午線は、以下の3つの方法で知ることができる。 天文観測で使用される局所鉛直線との対応 NAD27(1927年北米測地系)との対応 ― NAD27はカンザス州オズボーン郡ミーズランチの三角点における平均海水面に基づく地球楕円体であり、楕円体の中心が地球の中心と一致しない NAD83との対応 ― NAD83はその中心が地球の中心と一致する地球楕円体で、ジオイド(世界規模の平均海水面)との起伏の差が±100m以内となっている。NAD83による議事堂の経度は、NAD27と1.1秒小さい。天文経度はNAD83より4秒小さい。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2813786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11537 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49533441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ワシントン子午線(ワシントンしごせん、Washington meridians)とは、アメリカ合衆国の本初子午線として使用された、ワシントンD.C.を通る4つの子午線である。4つのワシントン子午線は、以下のように定義される。 アメリカ合衆国議会議事堂を通過する子午線 (Capitol meridian) ホワイトハウスを通過する子午線 (Whitehouse meridian) 旧アメリカ海軍天文台跡地(フォギーボトム)を通過する子午線 (old Naval Observatory meridian) 新アメリカ海軍天文台を通過する子午線 (new Naval Observatory meridian)これらの子午線は、以下の3つの方法で知ることができる。 天文観測で使用される局所鉛直線との対応 NAD27(1927年北米測地系)との対応 ― NAD27はカンザス州オズボーン郡ミーズランチの三角点における平均海水面に基づく地球楕円体であり、楕円体の中心が地球の中心と一致しない NAD83との対応 ― NAD83はその中心が地球の中心と一致する地球楕円体で、ジオイド(世界規模の平均海水面)との起伏の差が±100m以内となっている。NAD83による議事堂の経度は、NAD27と1.1秒小さい。天文経度はNAD83より4秒小さい。
rdfs:label
  • ワシントン子午線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of