Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワイヤーアクション(ワイヤーワーク)とは、俳優やスタントマンがワイヤーロープに吊られた状態で演技をする、映画や舞台ドラマの特殊撮影の一種。なお、「ワイヤーアクション」とは和製英語。英語では「wire-fu」(ワイヤーとカンフーを組み合わせた造語)や「wire work」(ワイヤーワーク)が一般的である。香港や台湾では「吊鋼線」または「鋼線吊」、中国大陸では「吊钢丝」または「钢丝吊」などと呼ばれるが、中華圏ではたくさんある撮影技術の一種とみなされており、統一された名称はない。現在は金属製のワイヤーではなく、おもに高強度のポリエチレン繊維「テクミロン」を素材としたテックロープが使用されているが、アクション撮影の現場では世界的に「ワイヤー」として通っており、ここではすべて「ワイヤー」として説明する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 129080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59169036 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ワイヤーアクション(ワイヤーワーク)とは、俳優やスタントマンがワイヤーロープに吊られた状態で演技をする、映画や舞台ドラマの特殊撮影の一種。なお、「ワイヤーアクション」とは和製英語。英語では「wire-fu」(ワイヤーとカンフーを組み合わせた造語)や「wire work」(ワイヤーワーク)が一般的である。香港や台湾では「吊鋼線」または「鋼線吊」、中国大陸では「吊钢丝」または「钢丝吊」などと呼ばれるが、中華圏ではたくさんある撮影技術の一種とみなされており、統一された名称はない。現在は金属製のワイヤーではなく、おもに高強度のポリエチレン繊維「テクミロン」を素材としたテックロープが使用されているが、アクション撮影の現場では世界的に「ワイヤー」として通っており、ここではすべて「ワイヤー」として説明する。
rdfs:label
  • ワイヤーアクション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of