Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワイプ(wipe)とは、画面片隅の斜め方向から、あるいは上下左右方向から、もしくは丸・三角・ひし形・自由形状などにより、元の画面と次の画面を拭き取るように画面切替する映像技術。ワイプイン、ワイプアウトするという風に使われる。wipe:拭き取るという言葉からきている。意味が転じて、画面に小窓で映像を表示することもワイプと呼ばれる(コーナーワイプ)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 713506 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55429650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ワイプ(wipe)とは、画面片隅の斜め方向から、あるいは上下左右方向から、もしくは丸・三角・ひし形・自由形状などにより、元の画面と次の画面を拭き取るように画面切替する映像技術。ワイプイン、ワイプアウトするという風に使われる。wipe:拭き取るという言葉からきている。意味が転じて、画面に小窓で映像を表示することもワイプと呼ばれる(コーナーワイプ)。
rdfs:label
  • ワイプ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of