Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワイドスクリーン・バロック(Wide-screen Baroque)はブライアン・オールディスが提唱したサイエンス・フィクションの一部の作品群を表す用語である。オールディスはチャールズ・L・ハーネスの『パラドックス・メン』を評して、その序文でワイドスクリーン・バロックという言葉を用いた。オールディスによれば、『パラドックス・メン』は — ブライアン・W・オールディス、『十億年の宴』p.305より 浅倉久志訳な小説であり、この特徴をワイドスクリーン・バロックとしている。代表的なワイドスクリーン・バロック作品としてオールディスはアルフレッド・ベスターやA・E・ヴァン・ヴォークトの作品を挙げている。日本ではバリントン・J・ベイリーの作品も当てはまるとされている。日本ではオールディスのSF史『十億年の宴』が翻訳された後、上記のカテゴリの作品に対してSFファンの間で使用される言葉になったが、日本以外では一般的ではない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 182406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58431752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ワイドスクリーン・バロック(Wide-screen Baroque)はブライアン・オールディスが提唱したサイエンス・フィクションの一部の作品群を表す用語である。オールディスはチャールズ・L・ハーネスの『パラドックス・メン』を評して、その序文でワイドスクリーン・バロックという言葉を用いた。オールディスによれば、『パラドックス・メン』は — ブライアン・W・オールディス、『十億年の宴』p.305より 浅倉久志訳な小説であり、この特徴をワイドスクリーン・バロックとしている。代表的なワイドスクリーン・バロック作品としてオールディスはアルフレッド・ベスターやA・E・ヴァン・ヴォークトの作品を挙げている。日本ではバリントン・J・ベイリーの作品も当てはまるとされている。日本ではオールディスのSF史『十億年の宴』が翻訳された後、上記のカテゴリの作品に対してSFファンの間で使用される言葉になったが、日本以外では一般的ではない。
rdfs:label
  • ワイドスクリーン・バロック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of