Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マーリン(英語:Merlin )はイギリスのロールス・ロイスが開発、生産した航空機用レシプロエンジンである。液冷V型12気筒ガソリンエンジンで、バルブ駆動方式はOHCであり、バルブ数は吸気2、排気2の4バルブである。改良を重ねられながら、主に第二次世界大戦中のイギリスの軍用機で使用された。特に活躍したスピットファイア、ランカスター、モスキートのエンジンとして搭載されたことからもわかるように、軍用の航空用レシプロエンジンとしては最も大きな成功を収めた代表的なエンジンである。排気量を変更することなく、スーパーチャージャーの改良によって性能を向上させたことから、機体の変更を最小限に抑えることができたため、大戦全期間を通じて利用されることになった。イギリス以外にもアメリカのパッカードがマーリン66をマーリン266としてライセンス生産を行い、P-51 マスタングでアリソン V-1710に代わって使用された。P-51はエンジンをマーリンに変えたことで大成功をおさめた。クロムウェル巡航戦車やチャレンジャー巡航戦車、コメット巡航戦車、センチュリオン戦車に搭載されたミーティア・エンジンは、このマーリンエンジンを戦車用に改修したものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1153093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56394084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シリンダー直径
  • 5.4
prop-ja:ストローク
  • 6.0
prop-ja:スーパーチャージャー
  • 2 (xsd:integer)
  • 遠心式スーパーチャージャー、減速比8.588:1
prop-ja:タイプ
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:バルブ
  • オーバーヘッドカム、気筒あたり2吸気口、2排気口、ナトリウム-封入排気バルブステム
  • オーバーヘッドカム、2吸気口、2排気口、ナトリウム-冷却排気弁ステム
prop-ja:体積
  • 1648.96
prop-ja:全幅
  • 29.8
  • 30.8
prop-ja:全長
  • 69.0
  • 88.7
prop-ja:全高
  • 40.0
  • 41.2
prop-ja:冷却システム
  • 70 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:出典
prop-ja:出力
  • :100 オクタン燃料, +12 lb 加圧 :*1,315 hp 回転数 3,000 rpm 離陸時 :*1,705 hp 回転数 3,000 rpm 高度 5,750 ft :*1,580 hp 回転数 3,000 rpm 高度 16,000 ft :100/150 グレード航空燃料、+25 lb boost :*2,000 hp 高度 5,250 ft :*1,860 hp 高度 11,000 ft
  • 最大ブースト圧 = 87 オクタン燃料 +6.25lb、100 オクタン燃料 +9 lb ブースト :*880hp 回転数3,000 rpm 離陸時 :*1,030 hp 回転数3,000 rpm 高度 16,000 ft :*1,160 hp 回転数3,000 rpm 高度12,250 ft
prop-ja:出力重量比
  • 0.800000 (xsd:double)
  • 0.844000 (xsd:double)
prop-ja:圧縮比
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:正味燃料消費率
  • 0.630000 (xsd:double)
prop-ja:比出力
  • 0.700000 (xsd:double)
  • 0.950000 (xsd:double)
prop-ja:潤滑システム
  • ドライサンプと加圧ポンプ1台と排出ポンプ2台
prop-ja:燃料
  • 87 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:燃料システム
  • 2 (xsd:integer)
  • ツイン・チョークアップドラフト気化器、自動混合気制御
prop-ja:重量
  • 1375.0
  • 1645.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マーリン(英語:Merlin )はイギリスのロールス・ロイスが開発、生産した航空機用レシプロエンジンである。液冷V型12気筒ガソリンエンジンで、バルブ駆動方式はOHCであり、バルブ数は吸気2、排気2の4バルブである。改良を重ねられながら、主に第二次世界大戦中のイギリスの軍用機で使用された。特に活躍したスピットファイア、ランカスター、モスキートのエンジンとして搭載されたことからもわかるように、軍用の航空用レシプロエンジンとしては最も大きな成功を収めた代表的なエンジンである。排気量を変更することなく、スーパーチャージャーの改良によって性能を向上させたことから、機体の変更を最小限に抑えることができたため、大戦全期間を通じて利用されることになった。イギリス以外にもアメリカのパッカードがマーリン66をマーリン266としてライセンス生産を行い、P-51 マスタングでアリソン V-1710に代わって使用された。P-51はエンジンをマーリンに変えたことで大成功をおさめた。クロムウェル巡航戦車やチャレンジャー巡航戦車、コメット巡航戦車、センチュリオン戦車に搭載されたミーティア・エンジンは、このマーリンエンジンを戦車用に改修したものである。
rdfs:label
  • ロールス・ロイス マーリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:エンジン名(プロペラ)_ of
is foaf:primaryTopic of