Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロールス・ロイス・ホールディングス(英: Rolls-Royce Holdings )は、GE・アビエーションに続き、世界で2番目に大きいイギリスの航空用エンジン製造会社である。防衛航空宇宙、艦船、発電等も手がける。ロールス・ロイスは、ロッキードのトライスターに搭載する予定の新型エンジンであるRB211の開発の難航により経営難に陥り、1971年に国営化された。以来、航空機エンジンの分野が長年、売上の大半を占めるようになり、1973年には自動車部門を切り離し、1987年、サッチャー政権下で再び、民営化された。ロールス・ロイスの防衛航空宇宙部門は世界で17番目であり、2005年のグループの売上の21%を占める。民間航空機向けの売上は53%、船舶向けは17%、発電向けは8%を占める。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1268495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10309 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 186 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58932415 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:companyName
  • ロールス・ロイス・ホールディングス
prop-ja:companyType
prop-ja:foundation
  • 1987 (xsd:integer)
prop-ja:homepage
prop-ja:industry
  • 航空、防衛、船舶
prop-ja:keyPeople
  • Simon Robertson
  • ジョン・ローズ
prop-ja:location
  • ダービー, イングランド, UK
prop-ja:netIncome
  • 6.0E8
prop-ja:numEmployees
  • 38000 (xsd:integer)
prop-ja:operatingIncome
  • 5.14E8
prop-ja:products
  • 民間と軍用航空機エンジン
  • 発電機器
  • 船舶推進システム
prop-ja:revenue
  • £7,435 million
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロールス・ロイス・ホールディングス(英: Rolls-Royce Holdings )は、GE・アビエーションに続き、世界で2番目に大きいイギリスの航空用エンジン製造会社である。防衛航空宇宙、艦船、発電等も手がける。ロールス・ロイスは、ロッキードのトライスターに搭載する予定の新型エンジンであるRB211の開発の難航により経営難に陥り、1971年に国営化された。以来、航空機エンジンの分野が長年、売上の大半を占めるようになり、1973年には自動車部門を切り離し、1987年、サッチャー政権下で再び、民営化された。ロールス・ロイスの防衛航空宇宙部門は世界で17番目であり、2005年のグループの売上の21%を占める。民間航空機向けの売上は53%、船舶向けは17%、発電向けは8%を占める。
rdfs:label
  • ロールス・ロイス・ホールディングス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:successor of
is prop-ja:エンジン名(ジェット)_ of
is prop-ja:エンジン型式 of
is prop-ja:開発者 of
is foaf:primaryTopic of