Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ローリークックは、沖縄県を中心に活動するミュージシャン。本名は普久原朝教(ふくはらとものり)。父は「芭蕉布」の作曲者として有名な普久原恒勇で、祖父は民謡歌手でマルフクレコード創設者の普久原朝喜。作詞家の朝比呂志は叔父にあたる。1963年コザ市(現沖縄市)生まれ。1986年にロックバンド「The Waltz」を結成。ライブ活動ではB.B.キングや憂歌団と共演。また楽曲はTV番組のテーマソングやオリオンビールのCMなどにも使用される。基地の街、コザでは米兵相手に洋楽のコピーを演奏するバンドが主流だったが、ローリークックは時に方言を交えながら自らの言葉で歌い、現在の沖縄インディーズシーン隆盛の基礎を築いた。デビュー当時はローリーの名で活動していたが、2005年以降はローリークックに芸名を改名。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1485033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42768329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ローリークックは、沖縄県を中心に活動するミュージシャン。本名は普久原朝教(ふくはらとものり)。父は「芭蕉布」の作曲者として有名な普久原恒勇で、祖父は民謡歌手でマルフクレコード創設者の普久原朝喜。作詞家の朝比呂志は叔父にあたる。1963年コザ市(現沖縄市)生まれ。1986年にロックバンド「The Waltz」を結成。ライブ活動ではB.B.キングや憂歌団と共演。また楽曲はTV番組のテーマソングやオリオンビールのCMなどにも使用される。基地の街、コザでは米兵相手に洋楽のコピーを演奏するバンドが主流だったが、ローリークックは時に方言を交えながら自らの言葉で歌い、現在の沖縄インディーズシーン隆盛の基礎を築いた。デビュー当時はローリーの名で活動していたが、2005年以降はローリークックに芸名を改名。
rdfs:label
  • ローリー・クック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of