Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラサーン・ローランド・カーク(英: Rahsaan Roland Kirk、1935年または1936年8月7日 – 1977年12月5日)は、アメリカ合衆国の盲目のジャズ・ミュージシャン。サクソフォンやフルート、トランペット、オーボエ、ピッコロ、イングリッシュホルン、リリコンなど、多種多様な管楽器を演奏した。気魄がみなぎる演奏で知られ、舞台上での超絶的な即興演奏には、コミカルなおふざけや政治的な暴言、複数の楽器を同時に演奏する技能が加わっていた。数本のサクソフォンを首にぶら下げ、大柄な体躯に黒眼鏡をかけたいかつい風貌や、鼻でフルートを鳴らしながらスキャットを奏で、時に自ら歌い、手回しサイレンやホイッスルなども手にとり鳴らすといった演奏形態が奇異に受け取られたためか、日本国内では「グロテスク・ジャズ」と紹介されていた時期もある。反面、近年では、形にとらわれない奔放なスタイルや、パワフルで親しみやすく、かつブラックミュージックの伝統に根ざした表情豊かな演奏によって、ジャズにとどまらない多様な方向性を感じた若い世代から信奉されている。
dbpedia-owl:background
  • non_vocal_instrumentalist
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:instrument
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 975513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10594 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57758394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:background
  • non_vocal_instrumentalist
prop-ja:birthName
  • ロナルド・セオドア・カーク (Ronald Theodore Kirk)
prop-ja:died
  • 1977-12-05 (xsd:date)
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • Roland Kirk.jpg
prop-ja:imgSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:instrument
  • サクソフォン、トランペット、クラリネット、フルート、ピッコロ、オーボエ、イングリッシュホルン、パグパイプ、リコーダー、リリコン、ハーモニカ、ホイッスル、カズー、チェレスタ、アフリカン・タンブ・ピアノ(african Thumb Piano)、オルガン、パーカッション、カスタネット、エレクトリック(電子)・カリンバ、サイレン、ゴング
prop-ja:label
  • キング、チェス、アルゴ、アルト、プレスティッジ、インパルス、パシフィック・ジャズ、マーキュリー、ライムライト、ヴァーヴ、アトランティック、ユナイテッド・アーティスツ、ムーン、ナイト・レコード、ワーナーブラザーズ(現ワーナー・ミュージック)、スマッシュ、マグネティック、ロイヤル・ジャズ、Esoldun
prop-ja:name
  • ラサーン・ローランド・カーク ("Rahsaan" Roland Kirk)
prop-ja:occupation
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ラサーン・ローランド・カーク(英: Rahsaan Roland Kirk、1935年または1936年8月7日 – 1977年12月5日)は、アメリカ合衆国の盲目のジャズ・ミュージシャン。サクソフォンやフルート、トランペット、オーボエ、ピッコロ、イングリッシュホルン、リリコンなど、多種多様な管楽器を演奏した。気魄がみなぎる演奏で知られ、舞台上での超絶的な即興演奏には、コミカルなおふざけや政治的な暴言、複数の楽器を同時に演奏する技能が加わっていた。数本のサクソフォンを首にぶら下げ、大柄な体躯に黒眼鏡をかけたいかつい風貌や、鼻でフルートを鳴らしながらスキャットを奏で、時に自ら歌い、手回しサイレンやホイッスルなども手にとり鳴らすといった演奏形態が奇異に受け取られたためか、日本国内では「グロテスク・ジャズ」と紹介されていた時期もある。反面、近年では、形にとらわれない奔放なスタイルや、パワフルで親しみやすく、かつブラックミュージックの伝統に根ざした表情豊かな演奏によって、ジャズにとどまらない多様な方向性を感じた若い世代から信奉されている。
rdfs:label
  • ローランド・カーク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:givenName
  • ロナルド・セオドア・カーク (Ronald Theodore Kirk)
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ラサーン・ローランド・カーク ("Rahsaan" Roland Kirk)
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of