Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ローマ略奪(英: Sack of Rome)とは、紀元546年に東ゴート王国の国王トーティラ(在位541年 - 552年)に率いられた東ゴートの軍勢が、およそ1年間にわたってローマ市内で破壊・略奪を行った事象を指す。これは、東ローマ帝国と東ゴート王国間のゴート戦争(535年 - 554年)での戦いの一つである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3140108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2507 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54509773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ローマ略奪(英: Sack of Rome)とは、紀元546年に東ゴート王国の国王トーティラ(在位541年 - 552年)に率いられた東ゴートの軍勢が、およそ1年間にわたってローマ市内で破壊・略奪を行った事象を指す。これは、東ローマ帝国と東ゴート王国間のゴート戦争(535年 - 554年)での戦いの一つである。
rdfs:label
  • ローマ略奪 (546年)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of