Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ローマ法(ローマほう、ドイツ語: römisches Recht、フランス語: droit romain、英語: Roman law、ルーマニア語: dreptul roman、スペイン語: derecho romano)とは、狭義には古代ローマや中世の東ローマ帝国の法体系であり、広義には中世の西ヨーロッパで復活し発展した普通法(ユス・コムーネ)としてのローマ法も含む。古代ギリシア哲学やキリスト教とともに、ヨーロッパ文明を特徴付ける一大要素である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 19107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57669421 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ローマ法(ローマほう、ドイツ語: römisches Recht、フランス語: droit romain、英語: Roman law、ルーマニア語: dreptul roman、スペイン語: derecho romano)とは、狭義には古代ローマや中世の東ローマ帝国の法体系であり、広義には中世の西ヨーロッパで復活し発展した普通法(ユス・コムーネ)としてのローマ法も含む。古代ギリシア哲学やキリスト教とともに、ヨーロッパ文明を特徴付ける一大要素である。
rdfs:label
  • ローマ法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of