Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ローマは今日、無数の遺跡や美術品、ユニークな伝統の魅力、パノラマ風景の美しさ、壮大な別荘(公園)の威厳などにより、世界で最も重要な観光地の1つとなっている。最も知られた観光地には、多くの博物館(カピトリーノ美術館、バチカン美術館、ボルゲーゼ美術館など)、水道、噴水、教会、宮殿、歴史的建築物、記念碑、フォロ・ロマーノの遺跡、カタコンベなどがある。ローマは、ロンドンとパリに次ぎ、EUで3番目に訪問者数の多い都市であり、年間700〜1000万人の観光客が訪れる。これは、神聖な年になると2倍に膨れあがる。最近の研究によれば、コロッセオ(観光客数400万人)とバチカン美術館(同420万人)は、それぞれ世界で39番目と37番目に、訪れる観光客の多い場所である。2005年には、この都市は2001年より22.1%多く、1950万人の外国人観光客を記録した。また、2006年には世界の150カ所のうち、8番目に最も多く訪れられた場所となっており、外国人観光客603万人が訪れた。さらに2007年には、ライフスタイル・マガジン「トラベル+レジャー」によって、フィレンツェ、ブエノスアイレス、バンコクに続き、世界で4番目に訪れるのが望ましい都市とされた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2752229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53465160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ローマは今日、無数の遺跡や美術品、ユニークな伝統の魅力、パノラマ風景の美しさ、壮大な別荘(公園)の威厳などにより、世界で最も重要な観光地の1つとなっている。最も知られた観光地には、多くの博物館(カピトリーノ美術館、バチカン美術館、ボルゲーゼ美術館など)、水道、噴水、教会、宮殿、歴史的建築物、記念碑、フォロ・ロマーノの遺跡、カタコンベなどがある。ローマは、ロンドンとパリに次ぎ、EUで3番目に訪問者数の多い都市であり、年間700〜1000万人の観光客が訪れる。これは、神聖な年になると2倍に膨れあがる。最近の研究によれば、コロッセオ(観光客数400万人)とバチカン美術館(同420万人)は、それぞれ世界で39番目と37番目に、訪れる観光客の多い場所である。2005年には、この都市は2001年より22.1%多く、1950万人の外国人観光客を記録した。また、2006年には世界の150カ所のうち、8番目に最も多く訪れられた場所となっており、外国人観光客603万人が訪れた。さらに2007年には、ライフスタイル・マガジン「トラベル+レジャー」によって、フィレンツェ、ブエノスアイレス、バンコクに続き、世界で4番目に訪れるのが望ましい都市とされた。
rdfs:label
  • ローマの観光
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of