Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ロードオブモンスターズ』(Lord of Monsters)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が運営・発売したシミュレーションゲームシリーズ作品。開発元はリンドブルム。ディレクションは、1作目は山下信行(『パンツァーフロント』など)と鶴見六百(『クラッシュ・バンディクー』など)、2作目以降とプレイステーション版は吉川太(『サーカディア』など)。シリーズ作品は、1996年から1999年までSCEのウェブサイトで提供された対人戦型CGIゲーム(全4作)、1999年6月10日にリアルタイムストラテジーとして作られたプレイステーション用ソフトからなる。CGIゲーム版は数万人の登録者を有するほどにまでヒットし、SCEの公式サイトGARAGEのキラーコンテンツとなった。略称はLM、ロドモン。タイトルから連想されるとおり、プレイヤーはサモナー(召喚士)として、MPを消費しモンスターを召喚、時折補助魔法を用いてモンスターを援護し、敵のサモナーを倒すことがゲームの目的となる。召喚するモンスターや魔法は事前に編集することが出来る。1999年3月19日、東京ゲームショウ'99春の併催イベントである第5回CESA技術戦略説明会でディレクター・吉川太によってネットワークゲームとしてのコンセプト・運営テクニックについての講演があった。CGIゲーム版は現在すべてサービスを停止しているが、第一作をFLASHで作り直した『Lord of Monsters Regenerate1』がリンドブルムのサイトで公開されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1160618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58909635 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ロードオブモンスターズ』(Lord of Monsters)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が運営・発売したシミュレーションゲームシリーズ作品。開発元はリンドブルム。ディレクションは、1作目は山下信行(『パンツァーフロント』など)と鶴見六百(『クラッシュ・バンディクー』など)、2作目以降とプレイステーション版は吉川太(『サーカディア』など)。シリーズ作品は、1996年から1999年までSCEのウェブサイトで提供された対人戦型CGIゲーム(全4作)、1999年6月10日にリアルタイムストラテジーとして作られたプレイステーション用ソフトからなる。CGIゲーム版は数万人の登録者を有するほどにまでヒットし、SCEの公式サイトGARAGEのキラーコンテンツとなった。略称はLM、ロドモン。タイトルから連想されるとおり、プレイヤーはサモナー(召喚士)として、MPを消費しモンスターを召喚、時折補助魔法を用いてモンスターを援護し、敵のサモナーを倒すことがゲームの目的となる。召喚するモンスターや魔法は事前に編集することが出来る。1999年3月19日、東京ゲームショウ'99春の併催イベントである第5回CESA技術戦略説明会でディレクター・吉川太によってネットワークゲームとしてのコンセプト・運営テクニックについての講演があった。CGIゲーム版は現在すべてサービスを停止しているが、第一作をFLASHで作り直した『Lord of Monsters Regenerate1』がリンドブルムのサイトで公開されている。
rdfs:label
  • ロードオブモンスターズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of