Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロータス・18 (Lotus 18) は、チーム・ロータスが1960年に開発したフォーミュラカー。コーリン・チャップマンが設計した。排気量の異なるエンジンを搭載することで、フォーミュラ・ジュニア (FJ) からF2、F1まで使用することができた。F1世界選手権では1960年から実戦投入された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1483295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48983703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • コヴェントリー・クライマックス FPF 2.5
prop-ja:エンジン形式
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギア形式
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:コンストラクター
  • ロータス
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
prop-ja:デザイナー
prop-ja:ドライバー
  • ジム・クラーク
  • ジョン・サーティース
  • アラン・ステイシー
  • イネス・アイルランド
  • トレヴァー・テイラー
prop-ja:ドライバーズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • ロータス・18
prop-ja:優勝回数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:先代
prop-ja:全幅
  • 1321.0
prop-ja:全長
  • 2286.0
prop-ja:全高
  • 1353.0
prop-ja:出走回数
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1960 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 1960 (xsd:integer)
prop-ja:後継
prop-ja:燃料
prop-ja:画像
  • Lotus 18 Stirling Moss Monaco 1961.jpg
prop-ja:重量
  • 440.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロータス・18 (Lotus 18) は、チーム・ロータスが1960年に開発したフォーミュラカー。コーリン・チャップマンが設計した。排気量の異なるエンジンを搭載することで、フォーミュラ・ジュニア (FJ) からF2、F1まで使用することができた。F1世界選手権では1960年から実戦投入された。
rdfs:label
  • ロータス・18
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of