Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ローズベンガル (rose bengal) は、色素の一種で、食品や生体試料などを赤色に着色するために用いる着色料。タール色素に分類される合成着色料である。ナトリウム塩は食用赤色105号として食品添加物の指定を受けている。旧厚生省は天然に存在しない添加物に分類している。ローズベンガルの構造は、フルオレセインが持つ水素8個を塩素4個とヨウ素4個で置換したものである。カリウム塩もまた、着色料として用いられる。光反応において光増感剤として用いられる。基底状態である三重項状態の酸素分子から、光照射により一重項酸素を発生させる際にローズベンガルが添加される。
dbpedia-owl:casNumber
  • 632-68-8
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 477457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54361461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 632 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ローズベンガル(ナトリウム塩)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C20H2Cl4I4Na2O5
prop-ja:分子量
  • 1017.640000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 紫色固体
prop-ja:構造式
  • 250 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ローズベンガル (rose bengal) は、色素の一種で、食品や生体試料などを赤色に着色するために用いる着色料。タール色素に分類される合成着色料である。ナトリウム塩は食用赤色105号として食品添加物の指定を受けている。旧厚生省は天然に存在しない添加物に分類している。ローズベンガルの構造は、フルオレセインが持つ水素8個を塩素4個とヨウ素4個で置換したものである。カリウム塩もまた、着色料として用いられる。光反応において光増感剤として用いられる。基底状態である三重項状態の酸素分子から、光照射により一重項酸素を発生させる際にローズベンガルが添加される。
rdfs:label
  • ローズベンガル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ローズベンガル(ナトリウム塩)
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of