Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロロ文字 (ꆈꌠꁱꂷ; nuosu bburma [nɔ̄sū bū̱mā]) は、彝文字(いもじ)とも呼ばれ、中国雲南省、四川省、貴州省、広西チワン族自治区などに住む少数民族の彝族が彝語の表記に使う表音文字。地域、方言により書体、文字数が異なる。もともとは表語文字で漢字のように1文字で1音節を表していたが、文字数が多く不便であった。そこで現行の文字を90度右回転させた図形を表音文字として扱うようになり、1979年から中国政府によって規範化が進められた。各地で規範化が進行しているが、代表的なものは四川省の大涼山方言を標準とした涼山規範彝文で、活字化され出版に用いられている。文字数は819文字で、それぞれに声調が存在する。このほかに反復記号1文字がある。雲南省では楚雄方言を基本とした整理標準化が行われている。また、貴州省でもこうした動きがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 50882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57751603 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:fam
  • 不明
prop-ja:iso
  • Yiii
prop-ja:languages
prop-ja:name
  • ロロ文字
prop-ja:sample
  • Yiwen.jpg
prop-ja:time
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:type
prop-ja:typedesc
  • (かつては表語文字として用いられた)
prop-ja:unicode
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロロ文字 (ꆈꌠꁱꂷ; nuosu bburma [nɔ̄sū bū̱mā]) は、彝文字(いもじ)とも呼ばれ、中国雲南省、四川省、貴州省、広西チワン族自治区などに住む少数民族の彝族が彝語の表記に使う表音文字。地域、方言により書体、文字数が異なる。もともとは表語文字で漢字のように1文字で1音節を表していたが、文字数が多く不便であった。そこで現行の文字を90度右回転させた図形を表音文字として扱うようになり、1979年から中国政府によって規範化が進められた。各地で規範化が進行しているが、代表的なものは四川省の大涼山方言を標準とした涼山規範彝文で、活字化され出版に用いられている。文字数は819文字で、それぞれに声調が存在する。このほかに反復記号1文字がある。雲南省では楚雄方言を基本とした整理標準化が行われている。また、貴州省でもこうした動きがある。
rdfs:label
  • ロロ文字
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:script of
is foaf:primaryTopic of