Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロレンス・ダレル(Lawrence George Durrell、1912年2月27日 - 1990年11月7日)は、イギリスの小説家、詩人、劇作家及び紀行作家であった。代表作に『アレキサンドリア四重奏』の長篇小説四部作。弟はナチュラリストで著述家のジェラルド・ダレル。1935年1月22日の初婚を含め、5度結婚した。1985年に娘サッフォー(二度目の妻との子)が自殺した。残された手記から彼がサッフォーと近親姦を行っていたとされたが、ダレルの伝記を書いたイアン・S・マクナイヴン(Ian S. MacNiven, Lawrence Durrell: A Biography, 1997)もゴードン・ボウカー(Gordon Bowker, Through the Dark Labyrinth: A Biography of Lawrence Durrell, 1997)も近親相姦疑惑を嫌疑不十分としている。その根拠はサッフォーの手記が「精神的(mental)」あるいは「心理的(psychological)」な近親相姦にしか触れておらず、「肉体的(physical )」な近親相姦に一切言及していないこと。また、サッフォーが後に「いつわりの記憶症候群; FMS: false memory syndrome)」(他に「虚偽記憶」や「過誤記憶」の訳語も)として世間の糾弾を浴びることになる「抑圧された記憶(repressed memory)」の手法で、実際にはありもしない「近親相姦の記憶」を呼び覚まされた可能性が高いことが挙げられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 836663 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53614255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロレンス・ダレル(Lawrence George Durrell、1912年2月27日 - 1990年11月7日)は、イギリスの小説家、詩人、劇作家及び紀行作家であった。代表作に『アレキサンドリア四重奏』の長篇小説四部作。弟はナチュラリストで著述家のジェラルド・ダレル。1935年1月22日の初婚を含め、5度結婚した。1985年に娘サッフォー(二度目の妻との子)が自殺した。残された手記から彼がサッフォーと近親姦を行っていたとされたが、ダレルの伝記を書いたイアン・S・マクナイヴン(Ian S.
rdfs:label
  • ロレンス・ダレル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of