ロルシュ修道院(ドイツ語: Reichsabtei Lorsch; ラテン語: Laureshamense Monasterium)は、ヴォルムスの約 10 km 東に位置する町ロルシュに遺構が残る修道院で、カロリング朝の修道院の中では特によく知られたものの一つである。その遺構は廃墟と化しているが、ドイツにおける前ロマネスク期の建造物群の中で、最も重要な部類に属する。また、1170年代にまとめられたロルシュのコデックスに含まれるその年代記は、中世初期のドイツ史に関する基本史料となっている(コデックスは現在ヴォルムス州立古文書館所蔵)。修道院の旧蔵書には、ロルシュの(Codex Aureus of Lorsch)なども含まれている。 かつての楼門である「王の門」(Königshalle)は9世紀に皇帝(Louis III)によって建てられたもので、カロリング王朝時代の様式を伝える建造物として、古さ、美しさの両面から極めて重要なものである。この門は古代ローマの凱旋門の様式と、土着のチュートン人の様式が折衷されたものという点でも、稀少なものである。 この旧修道院は1991年にユネスコの世界遺産に登録された。

Property Value
dbo:abstract
  • ロルシュ修道院(ドイツ語: Reichsabtei Lorsch; ラテン語: Laureshamense Monasterium)は、ヴォルムスの約 10 km 東に位置する町ロルシュに遺構が残る修道院で、カロリング朝の修道院の中では特によく知られたものの一つである。その遺構は廃墟と化しているが、ドイツにおける前ロマネスク期の建造物群の中で、最も重要な部類に属する。また、1170年代にまとめられたロルシュのコデックスに含まれるその年代記は、中世初期のドイツ史に関する基本史料となっている(コデックスは現在ヴォルムス州立古文書館所蔵)。修道院の旧蔵書には、ロルシュの(Codex Aureus of Lorsch)なども含まれている。 かつての楼門である「王の門」(Königshalle)は9世紀に皇帝(Louis III)によって建てられたもので、カロリング王朝時代の様式を伝える建造物として、古さ、美しさの両面から極めて重要なものである。この門は古代ローマの凱旋門の様式と、土着のチュートン人の様式が折衷されたものという点でも、稀少なものである。 この旧修道院は1991年にユネスコの世界遺産に登録された。 (ja)
  • ロルシュ修道院(ドイツ語: Reichsabtei Lorsch; ラテン語: Laureshamense Monasterium)は、ヴォルムスの約 10 km 東に位置する町ロルシュに遺構が残る修道院で、カロリング朝の修道院の中では特によく知られたものの一つである。その遺構は廃墟と化しているが、ドイツにおける前ロマネスク期の建造物群の中で、最も重要な部類に属する。また、1170年代にまとめられたロルシュのコデックスに含まれるその年代記は、中世初期のドイツ史に関する基本史料となっている(コデックスは現在ヴォルムス州立古文書館所蔵)。修道院の旧蔵書には、ロルシュの(Codex Aureus of Lorsch)なども含まれている。 かつての楼門である「王の門」(Königshalle)は9世紀に皇帝(Louis III)によって建てられたもので、カロリング王朝時代の様式を伝える建造物として、古さ、美しさの両面から極めて重要なものである。この門は古代ローマの凱旋門の様式と、土着のチュートン人の様式が折衷されたものという点でも、稀少なものである。 この旧修道院は1991年にユネスコの世界遺産に登録された。 (ja)
dbo:id
  • 515
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1474817 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4701 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79631426 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:country
  • ドイツ (ja)
  • ドイツ (ja)
prop-ja:criterionC
  • , (ja)
  • , (ja)
prop-ja:enName
  • Abbey and Altenmünster of Lorsch (ja)
  • Abbey and Altenmünster of Lorsch (ja)
prop-ja:frName
  • Abbaye et Altenmünster de Lorsch (ja)
  • Abbaye et Altenmünster de Lorsch (ja)
prop-ja:jaName
  • アルテンミュンスター (ja)
  • ロルシュの修道院と (ja)
  • アルテンミュンスター (ja)
  • ロルシュの修道院と (ja)
prop-ja:mapImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:rgYear
  • 1991 (xsd:integer)
prop-ja:siteImg
  • Image:Torhalle Kloster Lorsch.jpg (ja)
  • Image:Torhalle Kloster Lorsch.jpg (ja)
prop-ja:siteImgCapt
  • ロルシュ修道院の「王の門」 (ja)
  • ロルシュ修道院の「王の門」 (ja)
prop-ja:siteImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:urlNo
  • 515 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ロルシュ修道院(ドイツ語: Reichsabtei Lorsch; ラテン語: Laureshamense Monasterium)は、ヴォルムスの約 10 km 東に位置する町ロルシュに遺構が残る修道院で、カロリング朝の修道院の中では特によく知られたものの一つである。その遺構は廃墟と化しているが、ドイツにおける前ロマネスク期の建造物群の中で、最も重要な部類に属する。また、1170年代にまとめられたロルシュのコデックスに含まれるその年代記は、中世初期のドイツ史に関する基本史料となっている(コデックスは現在ヴォルムス州立古文書館所蔵)。修道院の旧蔵書には、ロルシュの(Codex Aureus of Lorsch)なども含まれている。 かつての楼門である「王の門」(Königshalle)は9世紀に皇帝(Louis III)によって建てられたもので、カロリング王朝時代の様式を伝える建造物として、古さ、美しさの両面から極めて重要なものである。この門は古代ローマの凱旋門の様式と、土着のチュートン人の様式が折衷されたものという点でも、稀少なものである。 この旧修道院は1991年にユネスコの世界遺産に登録された。 (ja)
  • ロルシュ修道院(ドイツ語: Reichsabtei Lorsch; ラテン語: Laureshamense Monasterium)は、ヴォルムスの約 10 km 東に位置する町ロルシュに遺構が残る修道院で、カロリング朝の修道院の中では特によく知られたものの一つである。その遺構は廃墟と化しているが、ドイツにおける前ロマネスク期の建造物群の中で、最も重要な部類に属する。また、1170年代にまとめられたロルシュのコデックスに含まれるその年代記は、中世初期のドイツ史に関する基本史料となっている(コデックスは現在ヴォルムス州立古文書館所蔵)。修道院の旧蔵書には、ロルシュの(Codex Aureus of Lorsch)なども含まれている。 かつての楼門である「王の門」(Königshalle)は9世紀に皇帝(Louis III)によって建てられたもので、カロリング王朝時代の様式を伝える建造物として、古さ、美しさの両面から極めて重要なものである。この門は古代ローマの凱旋門の様式と、土着のチュートン人の様式が折衷されたものという点でも、稀少なものである。 この旧修道院は1991年にユネスコの世界遺産に登録された。 (ja)
rdfs:label
  • ロルシュ修道院 (ja)
  • ロルシュ修道院 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Abbaye et Altenmünster de Lorsch (ja)
  • Abbey and Altenmünster of Lorsch (ja)
  • アルテンミュンスター (ja)
  • ロルシュの修道院と (ja)
  • Abbaye et Altenmünster de Lorsch (ja)
  • Abbey and Altenmünster of Lorsch (ja)
  • アルテンミュンスター (ja)
  • ロルシュの修道院と (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:埋葬地 of
is foaf:primaryTopic of