Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「ロボコンマガジン」(RoBoCoN Magazine)は、オーム社が刊行しているロボットホビイスト専門の雑誌。隔月偶数月16日頃発売。愛称は「ロボマガ」1998年秋 準備号、12月第1号発行。創刊時の定価は本体838円【税別】東京工業大学の森政弘名誉教授を顧問に迎え、ロボット総合情報誌として創刊された。当初はNHKロボコンなどの各地で開催される教育系ロボット競技会とロボット相撲、マイクロマウスの競技紹介が主体であった。 2000年8月19日 九十九電機との提携により東京・秋葉原に国内初のロボット専門店「ツクモ ロボコンマガジン館」(現ロボット王国)をオープン。2001年以降、西村ロボットクラブとの接触から2足ロボット競技会ROBO-ONEに積極的に関与する様になり、近年は同競技会の優勝ロボットが表紙を飾ることが多い。また編集長が同競技の審査員を務める事が慣例となっている。 創刊50号を越え入門記事のバランスが悪化する技術系ホビー誌のジレンマに陥っているが、ロボマガブランドでの入門書を発行することで解決を図ろうとしている。『近藤敏信のSFおもちゃ館』『ブックレビュー』『ロボット映画館』など創刊当時からの長期連載が続いている。発行部数は非公開だが、学校図書館への定期配本が多数あるため常時2万部は越えていると思われる。創刊以来、富士ソフトABCが裏表紙(表4)の広告を受け持っており、財政面からバックアップしている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1083109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1066 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56886964 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「ロボコンマガジン」(RoBoCoN Magazine)は、オーム社が刊行しているロボットホビイスト専門の雑誌。隔月偶数月16日頃発売。愛称は「ロボマガ」1998年秋 準備号、12月第1号発行。創刊時の定価は本体838円【税別】東京工業大学の森政弘名誉教授を顧問に迎え、ロボット総合情報誌として創刊された。当初はNHKロボコンなどの各地で開催される教育系ロボット競技会とロボット相撲、マイクロマウスの競技紹介が主体であった。 2000年8月19日 九十九電機との提携により東京・秋葉原に国内初のロボット専門店「ツクモ ロボコンマガジン館」(現ロボット王国)をオープン。2001年以降、西村ロボットクラブとの接触から2足ロボット競技会ROBO-ONEに積極的に関与する様になり、近年は同競技会の優勝ロボットが表紙を飾ることが多い。また編集長が同競技の審査員を務める事が慣例となっている。 創刊50号を越え入門記事のバランスが悪化する技術系ホビー誌のジレンマに陥っているが、ロボマガブランドでの入門書を発行することで解決を図ろうとしている。『近藤敏信のSFおもちゃ館』『ブックレビュー』『ロボット映画館』など創刊当時からの長期連載が続いている。発行部数は非公開だが、学校図書館への定期配本が多数あるため常時2万部は越えていると思われる。創刊以来、富士ソフトABCが裏表紙(表4)の広告を受け持っており、財政面からバックアップしている。
rdfs:label
  • ロボコンマガジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of