Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリー・ジョゼフ・ロベール アナトール モンテスキュー - フェザンサック伯 (Marie Joseph Robert Anatole, Comte de Montesquiou-Fézensac 1855年3月7日,パリ – 1921年12月11日, マントン) は、フランスの唯美主義者、象徴派詩人、アートコレクター、そしてダンディズムの体現者である。彼はジョリス=カルル・ユイスマンス(1848-1907)の作品『さかしま』における主人公デゼッサントや、マルセル・プルースト(1871-1922)の『失われた時を求めて』におけるシャルリュス男爵らのモデル、創作的刺激(インスピレーション)のもととなった人物として有名である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3141295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58272766 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリー・ジョゼフ・ロベール アナトール モンテスキュー - フェザンサック伯 (Marie Joseph Robert Anatole, Comte de Montesquiou-Fézensac 1855年3月7日,パリ – 1921年12月11日, マントン) は、フランスの唯美主義者、象徴派詩人、アートコレクター、そしてダンディズムの体現者である。彼はジョリス=カルル・ユイスマンス(1848-1907)の作品『さかしま』における主人公デゼッサントや、マルセル・プルースト(1871-1922)の『失われた時を求めて』におけるシャルリュス男爵らのモデル、創作的刺激(インスピレーション)のもととなった人物として有名である。
rdfs:label
  • ロベール・ド・モンテスキュー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of