Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロベール・エティエンヌ(Robert Estienne、1503年頃 - 1559年9月7日)は、フランス、パリ大学の古典学者であり、印刷業者である。公認底本 (Textus Receptus) と呼ばれたギリシア語聖書に元になったギリシア語聖書を出版した一人であり、16世紀以降のプロテスタント圏における聖書の翻訳・出版の自立、その黎明期を支えた人物の一人。ラテン語名ではステファヌス(Stephanus)と称した。父である初代アンリ・エティエンヌに始まる、高名な印刷業一族であるエティエンヌ一族の一人であり、弟のシャルル・エティエンヌも名を馳せた印刷業者であった他、息子のアンリ・エティエンヌは、現在でもプラトン全集の共通底本となっている「ステファヌス版」を出版した人物として有名。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2607485 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54299919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロベール・エティエンヌ(Robert Estienne、1503年頃 - 1559年9月7日)は、フランス、パリ大学の古典学者であり、印刷業者である。公認底本 (Textus Receptus) と呼ばれたギリシア語聖書に元になったギリシア語聖書を出版した一人であり、16世紀以降のプロテスタント圏における聖書の翻訳・出版の自立、その黎明期を支えた人物の一人。ラテン語名ではステファヌス(Stephanus)と称した。父である初代アンリ・エティエンヌに始まる、高名な印刷業一族であるエティエンヌ一族の一人であり、弟のシャルル・エティエンヌも名を馳せた印刷業者であった他、息子のアンリ・エティエンヌは、現在でもプラトン全集の共通底本となっている「ステファヌス版」を出版した人物として有名。
rdfs:label
  • ロベール・エティエンヌ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of