Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロバート2世(Robert II, 1316年3月2日 - 1390年4月19日)は、スコットランド王(在位:1371年 - 1390年)。ステュアート朝の初代国王。第6代スコットランド執事長のウォルター・ステュアート(Walter Stewart)とロバート1世の娘マージョリー(Marjorie)の子。家名のステュアート(Stewart)は役職名の執事(Steward)が語源と言われ、後にメアリー女王がフランス好みから綴りをStuartに変えた。母マージョリーは1316年、ロバートを出産した後に死去した。父ウォルターも1326年に死去し、10歳でスコットランド執事長の地位を継承した。1318年、スコットランド議会はロバート1世が跡継ぎの息子無しで死んだ場合にはマージョリーの息子に王位が与えられると定めたが、1324年に息子デイヴィッドが生まれ、1329年にデイヴィッド2世として王位に就いた。しかし1371年にデイヴィッド2世は子供がないまま急死し、デイヴィッド2世がフランスに逃れていた時に摂政として実質的にスコットランドを統治していたロバート2世が王位につき、ステュアート朝をひらいた。即位時すでに54歳であったロバートは、健康状態が悪く、ほとんど盲目であり、「Old Blearie」(霞み目爺さん)と言われていた。在位中、先王デイヴィッド2世のイングランドへの身代金の支払いや、ダグラス家とパーシー家の抗争などの大きな問題を抱えていたが、老齢のロバートはほとんど業績を残せず、息子たちが実権を握った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 705712 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58835306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロバート2世(Robert II, 1316年3月2日 - 1390年4月19日)は、スコットランド王(在位:1371年 - 1390年)。ステュアート朝の初代国王。第6代スコットランド執事長のウォルター・ステュアート(Walter Stewart)とロバート1世の娘マージョリー(Marjorie)の子。家名のステュアート(Stewart)は役職名の執事(Steward)が語源と言われ、後にメアリー女王がフランス好みから綴りをStuartに変えた。母マージョリーは1316年、ロバートを出産した後に死去した。父ウォルターも1326年に死去し、10歳でスコットランド執事長の地位を継承した。1318年、スコットランド議会はロバート1世が跡継ぎの息子無しで死んだ場合にはマージョリーの息子に王位が与えられると定めたが、1324年に息子デイヴィッドが生まれ、1329年にデイヴィッド2世として王位に就いた。しかし1371年にデイヴィッド2世は子供がないまま急死し、デイヴィッド2世がフランスに逃れていた時に摂政として実質的にスコットランドを統治していたロバート2世が王位につき、ステュアート朝をひらいた。即位時すでに54歳であったロバートは、健康状態が悪く、ほとんど盲目であり、「Old Blearie」(霞み目爺さん)と言われていた。在位中、先王デイヴィッド2世のイングランドへの身代金の支払いや、ダグラス家とパーシー家の抗争などの大きな問題を抱えていたが、老齢のロバートはほとんど業績を残せず、息子たちが実権を握った。
rdfs:label
  • ロバート2世 (スコットランド王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of