Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロバート・パーキンス・レッチャー(英: Robert Perkins Letcher、1788年2月10日 - 1861年1月24日)は、19世紀アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第15代ケンタッキー州知事および同州選出アメリカ合衆国下院議員を務めた。ザカリー・テイラー大統領のときに駐メキシコ公使を務めた。ケンタッキー州では下院議員を務めており、1837年と1838年には下院議長を務めた。ホイッグ党の強い支持者であり、ヘンリー・クレイやジョン・クリッテンデンとは親友だった。レッチャー家は1800年頃にケンタッキー州に入植した。ロバートはジョシュア・フライの私立アカデミーで学んだ後に法律を学んだ。米英戦争のときはジョン・アレンの志願民兵隊で、短期間だが法務官だった。1813年にゲアリド郡を代表してケンタッキー州議会下院議員になったのが政歴の始まりだった。1823年、アメリカ合衆国下院議員に選ばれ、10年間以上を務めた。1824年アメリカ合衆国大統領選挙では、ジョン・クインシー・アダムズとヘンリー・クレイの仲介役を務めた。アダムズの対抗馬アンドリュー・ジャクソンが選挙をリードしていたが、レッチャーの交渉により、クレイがアメリカ合衆国国務長官に指名されることと引き換えにアダムズを支持することで合意した。1840年、レッチャーはケンタッキー州知事選挙でウィリアム・オウスリーを抑えてホイッグ党公認候補となった。選挙では民主党のリチャード・フレンチに対して大勝で当選した。レッチャーの財政的に保守的な政策によって、ケンタッキー州は1837年恐慌の財政危機から立ち直ることができた。知事の任期が終わるまでにケンタッキー州は歳入超過となり、州認定銀行は正金の支払いを再開した。知事退任後、ザカリー・テイラー大統領から駐メキシコ公使に指名された。その後、アメリカ合衆国下院議員に復帰しようとしたが、民主党のジョン・ブレッキンリッジのために敗れた。ヘンリー・クレイの出身選挙区でレッチャーが敗北したことは、ケンタッキー州におけるホイッグ党の力が衰えていることを示していた。レッチャーは政界で活動を続けたが、公職を求めることはなかった。レッチャーは1861年1月24日に死んだ。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2946454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55803077 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:ambassadorFrom
  • アメリカ合衆国
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
  • バージニア州グーチランド郡
prop-ja:country
  • メキシコ
prop-ja:dateOfBirth
  • February 10, 1788
prop-ja:dateOfDeath
  • January 24, 1861
prop-ja:deathDate
  • 1861-01-24 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ケンタッキー州フランクフォート
prop-ja:district
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 第4区
  • 第5区
prop-ja:lieutenant
prop-ja:name
  • Letcher, Robert Perkins
  • Robert P. Letcher
  • ロバート・P・レッチャー
prop-ja:office
  • ケンタッキー州知事
prop-ja:order
  • 第15代
  • 第16代
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:predecessor
prop-ja:president
prop-ja:profession
  • 弁護士
prop-ja:religion
prop-ja:shortDescription
  • American governor of Kentucky
prop-ja:spouse
  • シャーロット・ロバートソン
  • メアリー・オーデン・エップス
prop-ja:state
  • ケンタッキー州
  • ケンタッキー
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • 1852 (xsd:integer)
  • --03-03
  • --09-04
prop-ja:termStart
  • 1849 (xsd:integer)
  • --03-04
  • --08-06
  • --09-02
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • --03-03
  • --08-06
  • --09-02
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ロバート・パーキンス・レッチャー(英: Robert Perkins Letcher、1788年2月10日 - 1861年1月24日)は、19世紀アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第15代ケンタッキー州知事および同州選出アメリカ合衆国下院議員を務めた。ザカリー・テイラー大統領のときに駐メキシコ公使を務めた。ケンタッキー州では下院議員を務めており、1837年と1838年には下院議長を務めた。ホイッグ党の強い支持者であり、ヘンリー・クレイやジョン・クリッテンデンとは親友だった。レッチャー家は1800年頃にケンタッキー州に入植した。ロバートはジョシュア・フライの私立アカデミーで学んだ後に法律を学んだ。米英戦争のときはジョン・アレンの志願民兵隊で、短期間だが法務官だった。1813年にゲアリド郡を代表してケンタッキー州議会下院議員になったのが政歴の始まりだった。1823年、アメリカ合衆国下院議員に選ばれ、10年間以上を務めた。1824年アメリカ合衆国大統領選挙では、ジョン・クインシー・アダムズとヘンリー・クレイの仲介役を務めた。アダムズの対抗馬アンドリュー・ジャクソンが選挙をリードしていたが、レッチャーの交渉により、クレイがアメリカ合衆国国務長官に指名されることと引き換えにアダムズを支持することで合意した。1840年、レッチャーはケンタッキー州知事選挙でウィリアム・オウスリーを抑えてホイッグ党公認候補となった。選挙では民主党のリチャード・フレンチに対して大勝で当選した。レッチャーの財政的に保守的な政策によって、ケンタッキー州は1837年恐慌の財政危機から立ち直ることができた。知事の任期が終わるまでにケンタッキー州は歳入超過となり、州認定銀行は正金の支払いを再開した。知事退任後、ザカリー・テイラー大統領から駐メキシコ公使に指名された。その後、アメリカ合衆国下院議員に復帰しようとしたが、民主党のジョン・ブレッキンリッジのために敗れた。ヘンリー・クレイの出身選挙区でレッチャーが敗北したことは、ケンタッキー州におけるホイッグ党の力が衰えていることを示していた。レッチャーは政界で活動を続けたが、公職を求めることはなかった。レッチャーは1861年1月24日に死んだ。
rdfs:label
  • ロバート・P・レッチャー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of