Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロバート・マリオン・ラフォレット・シニア(英: Robert Marion La Follette, Sr.、1855年6月14日-1925年6月18日)は、アメリカ合衆国の政治家である。ウィスコンシン州からアメリカ合衆国下院議員(1885年-1891年)、第20代州知事(1901年-1906年)および共和党のアメリカ合衆国上院議員(1906年-1925年)を務めた。1924年アメリカ合衆国大統領選挙では、自分で作った進歩党の大統領候補として出馬し、ウィスコンシン州1州を制し、一般投票では全体の17%を獲得した。ラフォレットは進歩主義を提唱し、鉄道トラスト、政党のボス支配、第一次世界大戦および国際連盟には声を大にして反対した人として良く記憶されている。1957年、上院の委員会は過去の偉大な上院議員5人の1人にラフォレットを選んだ。1982年に歴史家達が行った「アメリカ史の中で偉大な上院議員10人」の調査は、「在任中の功績」と「アメリカ史の中で長期にわたる影響力」を元にその順位を問う形で行われ、ラフォレットはヘンリー・クレイと共に1位にランクされた。ラフォレットの妻、ベル・ケイス・ラフォレットと2人の息子達、ロバート・マリオン・ラフォレット・ジュニアとフィリップ・ラフォレットは1940年代のウィスコンシン州でその政党を率いた。ラフォレットは「政府に対する企業の支配が増大することに反対した疑いもなく最も重要で尊敬される指導者」と呼ばれてきた。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1642829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55801833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1901 (xsd:integer)
  • 1906 (xsd:integer)
prop-ja:人名
  • ロバート・マリオン・ラフォレット・シニア
prop-ja:出生地
prop-ja:各国語表記
  • Robert Marion La Follette, Sr.
prop-ja:国旗
  • USA
prop-ja:就任日
  • 1924 (xsd:integer)
  • --01-02
  • --01-07
  • --03-04
prop-ja:当選回数
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
prop-ja:没年月日
  • --06-18
prop-ja:生年月日
  • --06-14
prop-ja:画像
  • Robert_M._La_Follette,_Sr.jpg
prop-ja:画像説明
  • ロバート・マリオン・ラフォレット・シニア
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --01-01
  • --03-03
  • --06-18
prop-ja:選挙区
  • ウィスコンシン州
  • ウィスコンシン州第3選挙区
prop-ja:配偶者
  • ベル・ケイス・ラフォレット
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ロバート・マリオン・ラフォレット・シニア(英: Robert Marion La Follette, Sr.、1855年6月14日-1925年6月18日)は、アメリカ合衆国の政治家である。ウィスコンシン州からアメリカ合衆国下院議員(1885年-1891年)、第20代州知事(1901年-1906年)および共和党のアメリカ合衆国上院議員(1906年-1925年)を務めた。1924年アメリカ合衆国大統領選挙では、自分で作った進歩党の大統領候補として出馬し、ウィスコンシン州1州を制し、一般投票では全体の17%を獲得した。ラフォレットは進歩主義を提唱し、鉄道トラスト、政党のボス支配、第一次世界大戦および国際連盟には声を大にして反対した人として良く記憶されている。1957年、上院の委員会は過去の偉大な上院議員5人の1人にラフォレットを選んだ。1982年に歴史家達が行った「アメリカ史の中で偉大な上院議員10人」の調査は、「在任中の功績」と「アメリカ史の中で長期にわたる影響力」を元にその順位を問う形で行われ、ラフォレットはヘンリー・クレイと共に1位にランクされた。ラフォレットの妻、ベル・ケイス・ラフォレットと2人の息子達、ロバート・マリオン・ラフォレット・ジュニアとフィリップ・ラフォレットは1940年代のウィスコンシン州でその政党を率いた。ラフォレットは「政府に対する企業の支配が増大することに反対した疑いもなく最も重要で尊敬される指導者」と呼ばれてきた。
rdfs:label
  • ロバート・M・ラフォレット・シニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ロバート・マリオン・ラフォレット・シニア
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of