Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロバート・ハウ(英: Robert Howe、1732年 - 1786年12月14日)は、アメリカ独立戦争時のノースカロライナ植民地出身、大陸軍少将である。ノースカロライナ植民地では著名なムーア家の出身であり、大陸軍では同植民地出身の5人の将軍の1人、かつ唯一の少将となった。植民地さらにノースカロライナ州政府に参加し、その双方で議員を務めた。ハウはフレンチ・インディアン戦争(1754年-1763年)のときに植民地民兵隊に従軍し、ケープフェア川河口にあるジョンストン砦指揮官を務めた。世直しの戦争(1764年-1771年)の時は、ウィリアム・トライアン総督の砲兵隊で大佐だった。個人的にも友人だったトライアンがニューヨーク総督となり、その後継者に断固として対抗したので、大いに苦しんだ時期があった。1773年から1775年、ノースカロライナの中、さらにアメリカ各植民地の中の組織化を行う動きで活発に活動し、ノースカロライナ植民地議会の議員になった。アメリカ独立戦争が始まったときに准将に昇進し、南部方面軍の戦闘に深く関わり、サバンナが占領された時は、大陸軍と愛国者民兵隊を指揮していた。ハウの軍隊指揮官としての経歴については異論が多く、主にジョージアやサウスカロライナの政治および軍隊指導者との抗争で消耗させられた。1778年、サウスカロライナ政府との抗争が一部原因となって、サウスカロライナの副知事クリストファー・ガズデンと決闘することになった。政治や個人的な対立に、ハウを嫌う者達から女たらしと評判されたことが組み合わされ、大陸会議から南部方面軍の指揮官職を剥奪されることになった。その後ニューヨークに派遣され、ハドソン高原でジョージ・ワシントン将軍の下に仕えたが、その期間には成功も重要な経歴も積めなかった。ベネディクト・アーノルドがアメリカを裏切り、ウェストポイントをイギリスに渡そうとした策謀では、アーノルドを援助したことで告発されたイギリス軍士官ジョン・アンドレを審問し、死刑判決を出した軍法会議を主宰した上級士官となった。ハウ自身もイギリスに寝返ろうとしたことで告発されたが、当時イギリス軍が大陸軍の中に不和を起こそうとしていた中でのことだったので、告発は棄却された。戦後、ニュージャージーとフィラデルフィアでペンシルベニアおよびニュージャージー部隊の反抗を何度か鎮める行動に加わり、1783年にノースカロライナの故郷に帰った。その後再度州議会で活動したが、1786年12月、州議会の会期に参加するために向かっている途中で死んだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2906626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59154418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:dateOfBirth
  • 1732 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfDeath
  • December 14, 1786
prop-ja:name
  • Howe, Robert
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:shortDescription
  • Continental Army general from North Carolina
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:各国語表記
  • Robert Howe
prop-ja:所属組織
  • アメリカ合衆国
  • イギリス
  • 大陸会議
prop-ja:最終階級
prop-ja:死没地
  • ノースカロライナ州ブレイデン郡
prop-ja:氏名
  • ロバート・ハウ
prop-ja:没年月日
  • (没年53歳または54歳)
prop-ja:渾名
  • "ボブ"・ハウ
prop-ja:生年月日
  • 1732 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
  • ノースカロライナ植民地ニューハノーバー郡
prop-ja:画像
  • MajGenRobertHoweOval.jpg
prop-ja:画像説明
  • ロバート・ハウ少将
prop-ja:署名
prop-ja:軍歴
  • 1755 (xsd:integer)
  • 1775 (xsd:integer)
  • *フレンチ・インディアン戦争 *世直しの戦争 **アラマンスの戦い *アメリカ独立戦争: **ノーフォーク焼き討ち **サバンナ占領 **ストーニーポイントの戦い
prop-ja:除隊後
  • 政治家(ノースカロライナ州下院議員、1786年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロバート・ハウ(英: Robert Howe、1732年 - 1786年12月14日)は、アメリカ独立戦争時のノースカロライナ植民地出身、大陸軍少将である。ノースカロライナ植民地では著名なムーア家の出身であり、大陸軍では同植民地出身の5人の将軍の1人、かつ唯一の少将となった。植民地さらにノースカロライナ州政府に参加し、その双方で議員を務めた。ハウはフレンチ・インディアン戦争(1754年-1763年)のときに植民地民兵隊に従軍し、ケープフェア川河口にあるジョンストン砦指揮官を務めた。世直しの戦争(1764年-1771年)の時は、ウィリアム・トライアン総督の砲兵隊で大佐だった。個人的にも友人だったトライアンがニューヨーク総督となり、その後継者に断固として対抗したので、大いに苦しんだ時期があった。1773年から1775年、ノースカロライナの中、さらにアメリカ各植民地の中の組織化を行う動きで活発に活動し、ノースカロライナ植民地議会の議員になった。アメリカ独立戦争が始まったときに准将に昇進し、南部方面軍の戦闘に深く関わり、サバンナが占領された時は、大陸軍と愛国者民兵隊を指揮していた。ハウの軍隊指揮官としての経歴については異論が多く、主にジョージアやサウスカロライナの政治および軍隊指導者との抗争で消耗させられた。1778年、サウスカロライナ政府との抗争が一部原因となって、サウスカロライナの副知事クリストファー・ガズデンと決闘することになった。政治や個人的な対立に、ハウを嫌う者達から女たらしと評判されたことが組み合わされ、大陸会議から南部方面軍の指揮官職を剥奪されることになった。その後ニューヨークに派遣され、ハドソン高原でジョージ・ワシントン将軍の下に仕えたが、その期間には成功も重要な経歴も積めなかった。ベネディクト・アーノルドがアメリカを裏切り、ウェストポイントをイギリスに渡そうとした策謀では、アーノルドを援助したことで告発されたイギリス軍士官ジョン・アンドレを審問し、死刑判決を出した軍法会議を主宰した上級士官となった。ハウ自身もイギリスに寝返ろうとしたことで告発されたが、当時イギリス軍が大陸軍の中に不和を起こそうとしていた中でのことだったので、告発は棄却された。戦後、ニュージャージーとフィラデルフィアでペンシルベニアおよびニュージャージー部隊の反抗を何度か鎮める行動に加わり、1783年にノースカロライナの故郷に帰った。その後再度州議会で活動したが、1786年12月、州議会の会期に参加するために向かっている途中で死んだ。
rdfs:label
  • ロバート・ハウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of