Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロバート・コヘイン(Robert Owen Keohane, 1941年10月3日 - )は、アメリカ合衆国の国際政治学者。プリンストン大学教授。シカゴ生まれ。1966年、ハーバード大学より博士号取得(主査はスタンリー・ホフマン)。スワースモア大学、スタンフォード大学、ブランダイス大学、ハーバード大学、デューク大学で教える。国際関係論におけるリベラリズムの代表的論者。1970年代、ジョセフ・ナイとともに相互依存論を提唱。その後、ネオリベラル制度論の立場から、新現実主義者と活発な論争を展開した。彼はネオリアリズムの主張のうち、国家をアクターとする点、国家が生き残りのために行動する点などは受け入れるが、しかしそうした仮定をおいても、国際政治において経済や規則の果たす役割は大きいし、協調も可能である、ということを論じている。1999年から2000年までアメリカ政治学会会長を務めた。2005年、ヨハン・スクデ政治学賞受賞、米国科学アカデミー会員に選出。アメリカ芸術科学アカデミーのフェローでもある。日本人の主な弟子としては、東京大学大学院法学政治学研究科教授の飯田敬輔など。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 65231 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58054355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロバート・コヘイン(Robert Owen Keohane, 1941年10月3日 - )は、アメリカ合衆国の国際政治学者。プリンストン大学教授。シカゴ生まれ。1966年、ハーバード大学より博士号取得(主査はスタンリー・ホフマン)。スワースモア大学、スタンフォード大学、ブランダイス大学、ハーバード大学、デューク大学で教える。国際関係論におけるリベラリズムの代表的論者。1970年代、ジョセフ・ナイとともに相互依存論を提唱。その後、ネオリベラル制度論の立場から、新現実主義者と活発な論争を展開した。彼はネオリアリズムの主張のうち、国家をアクターとする点、国家が生き残りのために行動する点などは受け入れるが、しかしそうした仮定をおいても、国際政治において経済や規則の果たす役割は大きいし、協調も可能である、ということを論じている。1999年から2000年までアメリカ政治学会会長を務めた。2005年、ヨハン・スクデ政治学賞受賞、米国科学アカデミー会員に選出。アメリカ芸術科学アカデミーのフェローでもある。日本人の主な弟子としては、東京大学大学院法学政治学研究科教授の飯田敬輔など。
rdfs:label
  • ロバート・コヘイン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of