Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第3代ソールズベリー侯爵、ロバート・アーサー・タルボット・ガスコイン=セシル (英: Robert Arthur Talbot Gascoyne-Cecil, 3rd Marquess of Salisbury, KG, GCVO, PC、1830年2月3日 - 1903年8月22日)は、イギリスの政治家、貴族。ベンジャミン・ディズレーリ亡き後の保守党を指導し、ヴィクトリア朝後期からエドワード朝初期にかけて3度にわたって首相を務めた(第1次:1885年 - 1886年、第2次:1886年 - 1892年、第3次:1895年 - 1902年)。民主主義を嫌う貴族主義的な人物ながら漸進的な内政改革を行い、外交面では帝国主義政策を遂行して大英帝国の更なる拡張を果たした。彼の政策は多くがジョゼフ・チェンバレンとの連携の影響を受けていた。1902年に退任し、甥にあたるアーサー・バルフォアが首相・保守党党首の地位を継承した。1865年まではソールズベリー侯爵家の庶子として卿(Lord)の儀礼称号で呼ばれ、侯爵家の嫡男となった1865年から爵位を継承する1868年まではクランボーン子爵(Viscount Cranborne)の儀礼称号で呼ばれた。本項でもそれに従うものとする。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1354525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 71266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59225802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:rows
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 23 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:保守党_(イギリス)
  • 首相
  • 外務大臣
  • 選出庶民院議員
  • 貴族院院内総務
  • 第一大蔵卿
  • 王璽尚書
  • (1885年まで党庶民院院内総務ノースコートとともに)
  • インド担当大臣
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1853 (xsd:integer)
  • 1866 (xsd:integer)
  • 1868 (xsd:integer)
  • 1869 (xsd:integer)
  • 1874 (xsd:integer)
  • 1878 (xsd:integer)
  • 1881 (xsd:integer)
  • 1885 (xsd:integer)
  • 1886 (xsd:integer)
  • 1887 (xsd:integer)
  • 1895 (xsd:integer)
  • 1900 (xsd:integer)
  • サー・スタッフォード・ノースコート准男爵(1858-1866)
  • 同一選挙区当選者
  • (1853–1858)
  • (1858)
  • (1866-1868)
prop-ja:サイン
  • Robert Cecil, 3rd Marquess of Salisbury Signature.svg
prop-ja:人名
  • ロバート・ガスコイン=セシル
  • 第3代ソールズベリー侯爵
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 、イングランド、ハートフォードシャー
prop-ja:出身校
  • オックスフォード大学クライスト・チャーチ
prop-ja:国旗
  • UK
prop-ja:就任日
  • --01-14
  • --02-20
  • --04-02
  • --04-22
  • --06-24
  • --06-25
  • --06-28
  • --06-29
  • --08-03
  • --08-22
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 、イングランド、ハートフォードシャー
prop-ja:没年月日
  • --08-22
prop-ja:生年月日
  • --02-03
prop-ja:画像
  • Robert cecil.jpg
prop-ja:画像説明
  • 1880 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
  • 第3代ソールズベリー侯爵、ガーター勲章士(KG)、ロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・グランド・クロス(GCVO)
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • 1878 (xsd:integer)
  • --04-12
  • --07-11
  • --08-22
  • --11-01
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第3代ソールズベリー侯爵、ロバート・アーサー・タルボット・ガスコイン=セシル (英: Robert Arthur Talbot Gascoyne-Cecil, 3rd Marquess of Salisbury, KG, GCVO, PC、1830年2月3日 - 1903年8月22日)は、イギリスの政治家、貴族。ベンジャミン・ディズレーリ亡き後の保守党を指導し、ヴィクトリア朝後期からエドワード朝初期にかけて3度にわたって首相を務めた(第1次:1885年 - 1886年、第2次:1886年 - 1892年、第3次:1895年 - 1902年)。民主主義を嫌う貴族主義的な人物ながら漸進的な内政改革を行い、外交面では帝国主義政策を遂行して大英帝国の更なる拡張を果たした。彼の政策は多くがジョゼフ・チェンバレンとの連携の影響を受けていた。1902年に退任し、甥にあたるアーサー・バルフォアが首相・保守党党首の地位を継承した。1865年まではソールズベリー侯爵家の庶子として卿(Lord)の儀礼称号で呼ばれ、侯爵家の嫡男となった1865年から爵位を継承する1868年まではクランボーン子爵(Viscount Cranborne)の儀礼称号で呼ばれた。本項でもそれに従うものとする。
rdfs:label
  • ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ロバート・ガスコイン=セシル
  • 第3代ソールズベリー侯爵
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:内閣 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of