Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロドヴィコ2世(伊: Ludovico II, 独: Ludwig II, 仏: Louis II, 825年 - 875年8月12日)は、中部フランク王国の国王ロタール1世の長男で、中フランク王(のちイタリア王)(在位:父ロタール1世と共同統治839年/844年 - 855年、単独統治855年 - 875年)、および西ローマ皇帝(在位:父ロタール1世と共同統治850年 - 855年、単独統治855年 - 875年)である。ロドヴィコは中フランク王でローマ皇帝のロタール1世とトゥール伯ユーグの娘エルメンガルドとの間に長男として生まれた。839年にイタリア王とされ、844年6月15日に教皇セルギウス2世によりローマで戴冠した。また、850年には教皇レオ4世により共同皇帝として戴冠した。855年9月、父ロタール1世は死に際し、中フランク王国を3分割して3人の息子に与え、長子のロドヴィコはイタリアの統治権とローマ皇帝位を相続した。863年、ブルグンド南部とプロヴァンスを相続していた末弟シャルルが相続人なく死去すると、その遺領はロドヴィコと弟ロタール2世の間で分割され、ロドヴィコはアルル、エクス、アンブランの各司教区(プロヴァンス王国領にあたる)を獲得し、イタリア王国に併合した。869年には弟ロタール2世も嫡出子がないまま死去したが、この時にはロドヴィコはイスラム軍との戦いのためにイタリアから離れられず、ロタールの遺領であるロタリンギア(ロレーヌ)は叔父である西フランク王シャルル2世に奪われた。その後、ロタリンギアは東フランク王ルートヴィヒ2世も相続権を主張し、870年のメルセン条約において、ルートヴィヒ2世とシャルル2世との間で分割された。875年8月12日、ロドヴィコ2世は男子相続人なくイタリアのゲーディで死去した。ロドヴィコは後継者として東フランク王ルートヴィヒ2世を選んでいたが、イタリア王国およびローマ皇帝位は教皇ヨハネス8世の支持を得た西フランク王シャルル2世が獲得した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2865708 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 76 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57486636 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --06-14
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人0875年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロドヴィコ2世(伊: Ludovico II, 独: Ludwig II, 仏: Louis II, 825年 - 875年8月12日)は、中部フランク王国の国王ロタール1世の長男で、中フランク王(のちイタリア王)(在位:父ロタール1世と共同統治839年/844年 - 855年、単独統治855年 - 875年)、および西ローマ皇帝(在位:父ロタール1世と共同統治850年 - 855年、単独統治855年 - 875年)である。ロドヴィコは中フランク王でローマ皇帝のロタール1世とトゥール伯ユーグの娘エルメンガルドとの間に長男として生まれた。839年にイタリア王とされ、844年6月15日に教皇セルギウス2世によりローマで戴冠した。また、850年には教皇レオ4世により共同皇帝として戴冠した。855年9月、父ロタール1世は死に際し、中フランク王国を3分割して3人の息子に与え、長子のロドヴィコはイタリアの統治権とローマ皇帝位を相続した。863年、ブルグンド南部とプロヴァンスを相続していた末弟シャルルが相続人なく死去すると、その遺領はロドヴィコと弟ロタール2世の間で分割され、ロドヴィコはアルル、エクス、アンブランの各司教区(プロヴァンス王国領にあたる)を獲得し、イタリア王国に併合した。869年には弟ロタール2世も嫡出子がないまま死去したが、この時にはロドヴィコはイスラム軍との戦いのためにイタリアから離れられず、ロタールの遺領であるロタリンギア(ロレーヌ)は叔父である西フランク王シャルル2世に奪われた。その後、ロタリンギアは東フランク王ルートヴィヒ2世も相続権を主張し、870年のメルセン条約において、ルートヴィヒ2世とシャルル2世との間で分割された。875年8月12日、ロドヴィコ2世は男子相続人なくイタリアのゲーディで死去した。ロドヴィコは後継者として東フランク王ルートヴィヒ2世を選んでいたが、イタリア王国およびローマ皇帝位は教皇ヨハネス8世の支持を得た西フランク王シャルル2世が獲得した。
rdfs:label
  • ロドヴィコ2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of