Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロドニー・カルバー (Rodney Culver、1969年12月23日 - 1996年5月11日)は、ミシガン州デトロイト出身のアメリカンフットボール選手。NFLのサンディエゴ・チャージャーズに在籍中の1996年5月に起きたバリュージェット航空592便墜落事故で死去した。地元デトロイトの高校から奨学金を得てノートルダム大学に進学した。1988年には控えRBであったがチームは全米チャンピオンとなった。1990年、1991年の2年間テイルバックとして先発出場した。カルバーの在学当時チームにはリッキー・ウォータース、レジー・ブルックスといったNFL入りしてから活躍したRBの存在があったが1990年にカルバーは11試合に出場してチームトップの710ヤードを獲得した。この年ノートルダム大学は全米ランキング1位に2度なったが翌年1月に行われたオレンジボウルではコロラド大学に敗れた。1991年には怪我をおしてフロリダ大学との試合で活躍、39-28での勝利に貢献した。1992年のNFLドラフト4巡目でインディアナポリス・コルツに指名されて入団した。カルバーは主にショートヤーデージでのランニングバックとして起用されて121回のキャリーで321ヤード、7タッチダウンをあげた。また26回のパスキャッチで210ヤードを獲得、2タッチダウンをあげている。コルツはこの年9勝7敗でプレーオフを後一歩のところで逃した。1993年にはコルツは期待されたが、QBジェフ・ジョージのホールドアウト、スティーブ・エントマンの故障に見舞われた。カルバーはランで3回、レシーブで1回のタッチダウンをあげた。シーズン終了と共にウェーバー公示されたカルバーはサンディエゴ・チャージャーズに移籍した。チャージャーズではネイトロン・ミーンズ、エリック・ビエネミー、ロニー・ハーモンに次いだ第4のRBとなった。カルバーは8回のボールキャリーに留まったが1回あたり7ヤードを稼いだ。ディビジョナルプレーオフでは6回のキャリーで14ヤード獲得と振るわなかったがチームは22-21でマイアミ・ドルフィンズを破り、出番無しに終わったAFCチャンピオンシップゲームでチームはピッツバーグ・スティーラーズを17-13で破り第29回スーパーボウル出場を果たした。スーパーボウルでカルバーはボールに触ることなくチームは26-49で敗れた。1995年はミーンズのホールドアウト及び故障もありプレイ機会が増し、47回のキャリーで155ヤードを獲得、3タッチダウンをあげると共に5回のパスキャッチで21ヤードを稼いだ。チャージャーズはプレーオフ出場を果たしたもののコルツに20-35で敗れた。1996年5月11日、カルバーがマイアミからアトランタに移動するために搭乗したバリュージェット航空の飛行機がエバーグレーズに墜落して帰らぬ人となってしまった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1833216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54919831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:dbf
  • CULVEROD01
prop-ja:nfl
  • CUL766320
prop-ja:pfr
  • CulvRo00
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:○番目
  • 85 (xsd:integer)
prop-ja:ドラフト巡
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:プロ入り年度
  • 1992 (xsd:integer)
prop-ja:ポジション
  • ランニングバック
prop-ja:出身地
  • ミシガン州デトロイト
prop-ja:初出場チーム
  • インディアナポリス・コルツ
prop-ja:初出場年
  • 1992 (xsd:integer)
prop-ja:大学
prop-ja:年度
  • 1995 (xsd:integer)
prop-ja:引退選手背番号
  • 3522 (xsd:integer)
prop-ja:成績値
  • 3 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
  • 42 (xsd:integer)
  • 343 (xsd:integer)
  • 689 (xsd:integer)
prop-ja:成績名
  • TDラン
  • TDレシーブ
  • ラン獲得ヤード
  • レシーブ回数
  • レシーブ獲得ヤード
prop-ja:欧文表記
  • Rodney Culver
prop-ja:没年月日
  • 1996-05-11 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --12-23
prop-ja:過去の所属チーム
  • * インディアナポリス・コルツ(1992年-1993年) * サンディエゴ・チャージャーズ(1994年-1995年)
prop-ja:選手名
  • ロドニー・カルバー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロドニー・カルバー (Rodney Culver、1969年12月23日 - 1996年5月11日)は、ミシガン州デトロイト出身のアメリカンフットボール選手。NFLのサンディエゴ・チャージャーズに在籍中の1996年5月に起きたバリュージェット航空592便墜落事故で死去した。地元デトロイトの高校から奨学金を得てノートルダム大学に進学した。1988年には控えRBであったがチームは全米チャンピオンとなった。1990年、1991年の2年間テイルバックとして先発出場した。カルバーの在学当時チームにはリッキー・ウォータース、レジー・ブルックスといったNFL入りしてから活躍したRBの存在があったが1990年にカルバーは11試合に出場してチームトップの710ヤードを獲得した。この年ノートルダム大学は全米ランキング1位に2度なったが翌年1月に行われたオレンジボウルではコロラド大学に敗れた。1991年には怪我をおしてフロリダ大学との試合で活躍、39-28での勝利に貢献した。1992年のNFLドラフト4巡目でインディアナポリス・コルツに指名されて入団した。カルバーは主にショートヤーデージでのランニングバックとして起用されて121回のキャリーで321ヤード、7タッチダウンをあげた。また26回のパスキャッチで210ヤードを獲得、2タッチダウンをあげている。コルツはこの年9勝7敗でプレーオフを後一歩のところで逃した。1993年にはコルツは期待されたが、QBジェフ・ジョージのホールドアウト、スティーブ・エントマンの故障に見舞われた。カルバーはランで3回、レシーブで1回のタッチダウンをあげた。シーズン終了と共にウェーバー公示されたカルバーはサンディエゴ・チャージャーズに移籍した。チャージャーズではネイトロン・ミーンズ、エリック・ビエネミー、ロニー・ハーモンに次いだ第4のRBとなった。カルバーは8回のボールキャリーに留まったが1回あたり7ヤードを稼いだ。ディビジョナルプレーオフでは6回のキャリーで14ヤード獲得と振るわなかったがチームは22-21でマイアミ・ドルフィンズを破り、出番無しに終わったAFCチャンピオンシップゲームでチームはピッツバーグ・スティーラーズを17-13で破り第29回スーパーボウル出場を果たした。スーパーボウルでカルバーはボールに触ることなくチームは26-49で敗れた。1995年はミーンズのホールドアウト及び故障もありプレイ機会が増し、47回のキャリーで155ヤードを獲得、3タッチダウンをあげると共に5回のパスキャッチで21ヤードを稼いだ。チャージャーズはプレーオフ出場を果たしたもののコルツに20-35で敗れた。1996年5月11日、カルバーがマイアミからアトランタに移動するために搭乗したバリュージェット航空の飛行機がエバーグレーズに墜落して帰らぬ人となってしまった。
rdfs:label
  • ロドニー・カルバー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of