Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シャルロッテ(ロッテ)・レーマン(Charlotte (Lotte) Lehmann, 1888年2月27日 - 1976年8月26日)は、ドイツのソプラノ歌手。彼女は主としてドイツ語で歌われるオペラや歌曲をレパートリーとしており、リヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』のマルシャリンは、彼女のオペラ歌手人生の中で最も記憶に残る役と考えられている。 ペルレベルク生まれ。ベルリンで勉強した後、1910年にハンブルク歌劇場のワーグナー『ローエングリン』でデビュー。 1914年、ウィーン宮廷歌劇場にデビューし、1916年には同歌劇場に移籍した。この劇場において彼女はリヒャルト・シュトラウスの多くの作品、『ナクソス島のアリアドネ』(1916年)、『影の無い女』(1919年)、『インテルメッツォ』(1924年)および『アラベラ』(1933年)やいくつかのプッチーニ作品のウィーン初演にソプラノ歌手として立ち会っている。レーマンはウィーン・デビューと同じ年、ロンドンにもデビューしており、1924年から1935年にかけて、コヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスに定期的に客演している。 1926年、彼女はザルツブルク音楽祭にデビューし、1937年までアルトゥーロ・トスカニーニなどの大指揮者の棒のもとで歌い、またブルーノ・ワルターのピアノ伴奏でリサイタルも催している。1936年には『サウンド・オブ・ミュージック』で知られる「トラップ・ファミリー合唱団」を見出し、これをデビューさせている。1930年、彼女はシカゴ歌劇場でワーグナー『ワルキューレ』のジークリンデ役を歌いアメリカ・デビューを飾る。レーマンは『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のエーファ役、『ローエングリン』のエルザ役、『タンホイザー』のエリーザベト役などによって、ワグネリアンに記憶されている。またベートーヴェン『フィデリオ』レオノーレ役の名解釈でも名が知られていた。1938年、ナチス・ドイツによるオーストリア合邦を受けて、レーマンはアメリカに移った。同地においてレーマンは1945年にオペラ歌手としての引退を迎えるまで、メトロポリタン歌劇場やサンフランシスコ歌劇場を主な活動拠点としていた。オペラ歌手の仕事に加え、レーマンは歌曲の歌手としても知られ、オペラ歌手としての引退後もこちらの活動は継続している。彼女は長い歌手人生中、500を超える録音を残した。 1951年、彼女は歌手活動から完全に引退、カリフォルニア州サンタバーバラの音楽院やシカゴ、ロンドン、ウィーン音楽院などでマスタークラスを開催、後進の指導にあたった。彼女の音楽業界への貢献をたたえ、ハリウッド名声の歩道の1735番目の星にその名が刻まれているが、彼女のファーストネームの綴りが「Lotti」と誤っている。1976年、カリフォルニア州サンタバーバラで88歳の生涯を閉じたレーマンは、ウィーン中央墓地の32C区に葬られている。カリフォルニア大学サンタバーバラ校のコンサートホールは彼女の名にちなみ、「ロッテ・レーマン・コンサートホール」と名付けられた。また1995年には「ロッテ・レーマン財団」が設置されている。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1951-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1910-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:background
  • classic
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:hometown
dbpedia-owl:instrument
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1481138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 84 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58810030 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:background
  • classic
prop-ja:birthName
  • Charlotte Lehmann
prop-ja:born
  • --02-27
prop-ja:died
  • --08-26
  • カリフォルニア州サンタバーバラ
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • LehmannTime35.jpg
prop-ja:instrument
prop-ja:name
  • ロッテ・レーマン
prop-ja:occupation
prop-ja:origin
  • ペルレベルク
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 1910 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シャルロッテ(ロッテ)・レーマン(Charlotte (Lotte) Lehmann, 1888年2月27日 - 1976年8月26日)は、ドイツのソプラノ歌手。彼女は主としてドイツ語で歌われるオペラや歌曲をレパートリーとしており、リヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』のマルシャリンは、彼女のオペラ歌手人生の中で最も記憶に残る役と考えられている。 ペルレベルク生まれ。ベルリンで勉強した後、1910年にハンブルク歌劇場のワーグナー『ローエングリン』でデビュー。 1914年、ウィーン宮廷歌劇場にデビューし、1916年には同歌劇場に移籍した。この劇場において彼女はリヒャルト・シュトラウスの多くの作品、『ナクソス島のアリアドネ』(1916年)、『影の無い女』(1919年)、『インテルメッツォ』(1924年)および『アラベラ』(1933年)やいくつかのプッチーニ作品のウィーン初演にソプラノ歌手として立ち会っている。レーマンはウィーン・デビューと同じ年、ロンドンにもデビューしており、1924年から1935年にかけて、コヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスに定期的に客演している。 1926年、彼女はザルツブルク音楽祭にデビューし、1937年までアルトゥーロ・トスカニーニなどの大指揮者の棒のもとで歌い、またブルーノ・ワルターのピアノ伴奏でリサイタルも催している。1936年には『サウンド・オブ・ミュージック』で知られる「トラップ・ファミリー合唱団」を見出し、これをデビューさせている。1930年、彼女はシカゴ歌劇場でワーグナー『ワルキューレ』のジークリンデ役を歌いアメリカ・デビューを飾る。レーマンは『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のエーファ役、『ローエングリン』のエルザ役、『タンホイザー』のエリーザベト役などによって、ワグネリアンに記憶されている。またベートーヴェン『フィデリオ』レオノーレ役の名解釈でも名が知られていた。1938年、ナチス・ドイツによるオーストリア合邦を受けて、レーマンはアメリカに移った。同地においてレーマンは1945年にオペラ歌手としての引退を迎えるまで、メトロポリタン歌劇場やサンフランシスコ歌劇場を主な活動拠点としていた。オペラ歌手の仕事に加え、レーマンは歌曲の歌手としても知られ、オペラ歌手としての引退後もこちらの活動は継続している。彼女は長い歌手人生中、500を超える録音を残した。 1951年、彼女は歌手活動から完全に引退、カリフォルニア州サンタバーバラの音楽院やシカゴ、ロンドン、ウィーン音楽院などでマスタークラスを開催、後進の指導にあたった。彼女の音楽業界への貢献をたたえ、ハリウッド名声の歩道の1735番目の星にその名が刻まれているが、彼女のファーストネームの綴りが「Lotti」と誤っている。1976年、カリフォルニア州サンタバーバラで88歳の生涯を閉じたレーマンは、ウィーン中央墓地の32C区に葬られている。カリフォルニア大学サンタバーバラ校のコンサートホールは彼女の名にちなみ、「ロッテ・レーマン・コンサートホール」と名付けられた。また1995年には「ロッテ・レーマン財団」が設置されている。
rdfs:label
  • ロッテ・レーマン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:givenName
  • Charlotte Lehmann
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ロッテ・レーマン
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of