Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ロシアの皇太子』(ドイツ語: Der Zarewitsch)は、1927年2月21日にベルリンのドイツ芸術歌劇場(Deutsches Künstlertheater Berlin)で初演されたフランツ・レハール(Franz Lehár)作曲の全3幕のオペレッタ。 「微笑みの国」や「ジュディッタ」などと並んで、レハール晩年のオペレッタにしばしば見られるバッド・エンドのオペレッタである。オペレッタの台本はハインツ・ライヒェルト(Heinz Reichert)、及びベーラ・イェンバッハ(Bela Jenbach)による。原作はポーランドの女流作家ガブリエラ・ザポルスカ(Gabriela Zapolska)の戯曲「ロシアの皇太子」で、ピョートル大帝の名で知られる初代ロシア皇帝ピョートル1世(Пётр I Алексеевич)の長男アレクセイ・ペトロヴィチ(Алексей Петрович)の人生をモデルとしたものである。1917年にラオウル・アスラン(Raoul Aslan)主演による舞台を見たレハールは一目でその題材に惚れ込み、1924年、「パガニーニ」を作曲する傍ら、「ロシアの皇太子」の作曲に着手した。その後、台本の内容に難色を示したレハールは作曲を一時中断するが、紆余曲折を経て、1926年にスコアが完成。1927年2月21日の初演では、レハール自身が指揮し、リヒャルト・タウバー(Richard Tauber)がタイトルロールを歌い大喝采を浴びた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2090242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48272253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ロシアの皇太子』(ドイツ語: Der Zarewitsch)は、1927年2月21日にベルリンのドイツ芸術歌劇場(Deutsches Künstlertheater Berlin)で初演されたフランツ・レハール(Franz Lehár)作曲の全3幕のオペレッタ。 「微笑みの国」や「ジュディッタ」などと並んで、レハール晩年のオペレッタにしばしば見られるバッド・エンドのオペレッタである。オペレッタの台本はハインツ・ライヒェルト(Heinz Reichert)、及びベーラ・イェンバッハ(Bela Jenbach)による。原作はポーランドの女流作家ガブリエラ・ザポルスカ(Gabriela Zapolska)の戯曲「ロシアの皇太子」で、ピョートル大帝の名で知られる初代ロシア皇帝ピョートル1世(Пётр I Алексеевич)の長男アレクセイ・ペトロヴィチ(Алексей Петрович)の人生をモデルとしたものである。1917年にラオウル・アスラン(Raoul Aslan)主演による舞台を見たレハールは一目でその題材に惚れ込み、1924年、「パガニーニ」を作曲する傍ら、「ロシアの皇太子」の作曲に着手した。その後、台本の内容に難色を示したレハールは作曲を一時中断するが、紆余曲折を経て、1926年にスコアが完成。1927年2月21日の初演では、レハール自身が指揮し、リヒャルト・タウバー(Richard Tauber)がタイトルロールを歌い大喝采を浴びた。
rdfs:label
  • ロシアの皇太子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of