Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロコン山(Mount Lokon)は、インドネシアのスラウェシ島の北部にある、マナドから南へおおよそ10kmのところにある、エンプン山との双子火山である。互いは2.2km離れている。両方の山はトンダノ平原から上昇した、各々スラウェシ島の活火山である。ロコン山は、平らでクレーターのない山頂を有している。ロコン山は、トンダノカルデラが中期更新世に崩壊して生じた環状断層の上に、安山岩質火山活動の間に形成された。最近噴出した物質は、組成物の中に安山岩が残存していて、噴煙やあまり一般的ではない火砕流や溶岩ドームで構成されている。火山は、2011年7月15日に噴火して、何千人もの人々が強制的に避難させられた。火山は、再び2012年2月10日に活動の兆候が現れた。噴火は午前8時20分に始まり、同日、上空2マイルへ噴煙を上げた。地域住民は、火山の周囲2.5マイルの閉鎖区域から避難していた 。インドネシアには、ロコン山を含め129個の火山がある。最後の大噴火の前の1991年の噴火では、スイス人のハイカーが死亡し、何千もの人々が住宅から逃げることを強いられた。
dbpedia-owl:address
  • 北スラウェシ州
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2597204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56380687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ロコン山
prop-ja:所在地
prop-ja:最新噴火
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • 1580 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • ロコン山
prop-ja:種類
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ロコン山(Mount Lokon)は、インドネシアのスラウェシ島の北部にある、マナドから南へおおよそ10kmのところにある、エンプン山との双子火山である。互いは2.2km離れている。両方の山はトンダノ平原から上昇した、各々スラウェシ島の活火山である。ロコン山は、平らでクレーターのない山頂を有している。ロコン山は、トンダノカルデラが中期更新世に崩壊して生じた環状断層の上に、安山岩質火山活動の間に形成された。最近噴出した物質は、組成物の中に安山岩が残存していて、噴煙やあまり一般的ではない火砕流や溶岩ドームで構成されている。火山は、2011年7月15日に噴火して、何千人もの人々が強制的に避難させられた。火山は、再び2012年2月10日に活動の兆候が現れた。噴火は午前8時20分に始まり、同日、上空2マイルへ噴煙を上げた。地域住民は、火山の周囲2.5マイルの閉鎖区域から避難していた 。インドネシアには、ロコン山を含め129個の火山がある。最後の大噴火の前の1991年の噴火では、スイス人のハイカーが死亡し、何千もの人々が住宅から逃げることを強いられた。
rdfs:label
  • ロコン山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ロコン山
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of