Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レーヴァテイン(古ノルド語:Lævateinn)とは、北欧神話に登場する武器である。北欧神話の原典資料においては、世界樹の頂に座している雄鶏ヴィゾーヴニルを殺すことができる剣(正確には剣とさえ明言されていない)で、「狡猾なロプトル」(ロキ)によって鍛えられ、女巨人シンモラが保管している、という程度の記述しかない。しかし、シンモラの夫が巨人スルトルであることから、現代日本のファンタジー作品などにおいては、ラグナロクの際にスルトルが振るった剣および炎を指す名称として用いられることもある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 181817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57912078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • CF
  • Olrik
  • Simek
  • Strom
  • TIF
  • Takerube
prop-ja:reference
  • --04-03
  • --11-14
  • フォルケ・ストレム(菅原邦城訳)『古代北欧の宗教と神話』人文書院、1982年初版第1刷。
  • アクセル・オルリック(尾崎和彦訳)『北欧神話の世界 神々の死と復活』青土社、2003年第1刷、ISBN 4-7917-6065-4。
  • キーヴィン・クロスリィ=ホランド、山室静・米原まり子訳、『北欧神話物語』青土社、1992年新版第3刷(初版第1刷は1983年)、ISBN 978-4791751495。pp.200-207,317-319。
  • Simek, Rudolf 『Dictionary of Northern Mythology』D.S. Brewer. ISBN 0-85991-513-1。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • レーヴァテイン(古ノルド語:Lævateinn)とは、北欧神話に登場する武器である。北欧神話の原典資料においては、世界樹の頂に座している雄鶏ヴィゾーヴニルを殺すことができる剣(正確には剣とさえ明言されていない)で、「狡猾なロプトル」(ロキ)によって鍛えられ、女巨人シンモラが保管している、という程度の記述しかない。しかし、シンモラの夫が巨人スルトルであることから、現代日本のファンタジー作品などにおいては、ラグナロクの際にスルトルが振るった剣および炎を指す名称として用いられることもある。
rdfs:label
  • レーヴァテイン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of