Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レーテー(Lethe, 古希: λήθη, Lēthē;古代ギリシア語発音 [ˈlεːt̪ʰεː]、現代ギリシア語: [ˈliθi])は、古代ギリシア語では、「忘却」あるいは「隠匿」を意味する。レーテーは、「真実」を意味するギリシア語、つまり「非忘却」「非隠匿」を意味する a-lethe-ia (αλήθεια) と関連がある。ギリシア神話でのレーテーは、黄泉の国にいくつかある川の1つである。川の水を飲んだ者は、完璧な忘却を体験することになる。レーテーはまたナーイアス(水のニンフ)でもあるが、水の精としてのレテは多分に、レテの名を持つ川と関連付けるよりも、独立した忘却の象徴として扱われる。レーテーはエリス(ヘーシオドスの『神統記』では不和の女神)の娘であり、アルゴスらの姉妹である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1796236 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56789727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • レーテー(Lethe, 古希: λήθη, Lēthē;古代ギリシア語発音 [ˈlεːt̪ʰεː]、現代ギリシア語: [ˈliθi])は、古代ギリシア語では、「忘却」あるいは「隠匿」を意味する。レーテーは、「真実」を意味するギリシア語、つまり「非忘却」「非隠匿」を意味する a-lethe-ia (αλήθεια) と関連がある。ギリシア神話でのレーテーは、黄泉の国にいくつかある川の1つである。川の水を飲んだ者は、完璧な忘却を体験することになる。レーテーはまたナーイアス(水のニンフ)でもあるが、水の精としてのレテは多分に、レテの名を持つ川と関連付けるよりも、独立した忘却の象徴として扱われる。レーテーはエリス(ヘーシオドスの『神統記』では不和の女神)の娘であり、アルゴスらの姉妹である。
rdfs:label
  • レーテー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of