Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レントゲン(röntgen または roentgen)は、かつて使われていた照射線量(照射した放射線の総量)の単位である。記号はR。X線の発見者であるヴィルヘルム・レントゲンにちなんで命名されたもので、1928年に導入された。単位記号は当初小文字のrが当てられていたが、人名由来の記号は大文字から始めるという原則に基づき1962年にRに変更された。空気中に放射線(X線やγ線)を照射すると原子がイオン化(電離)される。1レントゲンは、放射線の照射によって標準状態(STP)の空気1立方センチメートル(cm3)あたりに1静電単位(esu)のイオン電荷が発生したときの、放射線の総量と定義される。1静電単位のイオン電荷は、2.08×109個の正負のイオン対に相当する。レントゲンはCGS単位系(CGS静電単位系)の単位であり、国際単位系(SI)には採用されていない。そのため日本では1989年(平成元年)4月の国際単位系への切り替え以降使わない方向で進んでいる。ただし、JIS Z8203:2000によると「当分の間、使用することがCIPMで認められている」と記載されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 337190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1879 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55451185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:si
  • ~2.58 C/kg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:単位系
prop-ja:名称
  • レントゲン
prop-ja:定義
  • 空気 1 cm あたりに1 esu のイオン電荷が発生するときの照射線量
prop-ja:度量衡
prop-ja:物理量
prop-ja:組立
prop-ja:英字
  • röntgen, roentgen
prop-ja:記号
  • R
dcterms:subject
rdfs:comment
  • レントゲン(röntgen または roentgen)は、かつて使われていた照射線量(照射した放射線の総量)の単位である。記号はR。X線の発見者であるヴィルヘルム・レントゲンにちなんで命名されたもので、1928年に導入された。単位記号は当初小文字のrが当てられていたが、人名由来の記号は大文字から始めるという原則に基づき1962年にRに変更された。空気中に放射線(X線やγ線)を照射すると原子がイオン化(電離)される。1レントゲンは、放射線の照射によって標準状態(STP)の空気1立方センチメートル(cm3)あたりに1静電単位(esu)のイオン電荷が発生したときの、放射線の総量と定義される。1静電単位のイオン電荷は、2.08×109個の正負のイオン対に相当する。レントゲンはCGS単位系(CGS静電単位系)の単位であり、国際単位系(SI)には採用されていない。そのため日本では1989年(平成元年)4月の国際単位系への切り替え以降使わない方向で進んでいる。ただし、JIS Z8203:2000によると「当分の間、使用することがCIPMで認められている」と記載されている。
rdfs:label
  • レントゲン (単位)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:esu of
is foaf:primaryTopic of