Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レナード・ブルームフィールド (Leonard Bloomfield, 1887年4月1日 - 1949年4月18日) は、アメリカの言語学者。1930年代から1950年代にかけてアメリカの構造主義言語学の発展をリードした。1933年の著書Language(『言語』)は当時の言語学の状態を映し出しており、特によく知られている。ブルームフィールドはアメリカ言語学会の創設にかかわった主要な人物である。ブルームフィールドの思想は、意味の研究における行動主義的原理、言語データの分析における形式的な手続きの強要、また言語学に厳密な科学的方法をもたらそうという一般的な関心によって特徴づけられる。その後1950年代から1960年代にかけて、生成文法の出現とともにブルームフィールドの存在感は低下することになる。ブルームフィールドはまたアルゴンキン語族の系統に関する調査を行い、アルゴンキン祖語を再建した。彼の論文は現在もアルゴンキン語族の歴史研究の基礎となっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 427732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57096332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • レナード・ブルームフィールド (Leonard Bloomfield, 1887年4月1日 - 1949年4月18日) は、アメリカの言語学者。1930年代から1950年代にかけてアメリカの構造主義言語学の発展をリードした。1933年の著書Language(『言語』)は当時の言語学の状態を映し出しており、特によく知られている。ブルームフィールドはアメリカ言語学会の創設にかかわった主要な人物である。ブルームフィールドの思想は、意味の研究における行動主義的原理、言語データの分析における形式的な手続きの強要、また言語学に厳密な科学的方法をもたらそうという一般的な関心によって特徴づけられる。その後1950年代から1960年代にかけて、生成文法の出現とともにブルームフィールドの存在感は低下することになる。ブルームフィールドはまたアルゴンキン語族の系統に関する調査を行い、アルゴンキン祖語を再建した。彼の論文は現在もアルゴンキン語族の歴史研究の基礎となっている。
rdfs:label
  • レナード・ブルームフィールド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of