Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レナリドミドまたはレナリドマイド(英名: Lenalidomide)とは2005年に登場した免疫調節薬 (IMiDs)。商品名「レブラミド®カプセル5mg」(一般名「レナリドミド水和物カプセル」セルジーン株式会社)。2013年現在、再発もしくは難治性の多発性骨髄腫(Multiple Myeloma: MM)と5番染色体長腕部欠失を伴う骨髄異形成症候群(del(5q)MDS・5q-症候群)の抗悪性腫瘍用剤(治療薬)である。開発コードからCC-5013と表記される場合もある。1999年にサリドマイドが難治性の多発性骨髄腫 (MM) の約30%に効果を示すことがわかり、レナリドミドはサリドマイドよりさらに効果を高め、副作用を少なくする目的で開発されたサリドマイド誘導体である。レナリドミドはサリドマイドよりTNF-α産出抑制に優れ、Thi細胞増加を刺激することが分かっている。レナリドミドは再発もしくは難治性の多発性骨髄腫に対して一定の効果を上げ、とくにデキサメサゾン (DEX) との併用で奏効率60%と高い成績を上げている。また、レナリドミドは5q-症候群に対しても著効を示し、多くの患者が輸血依存から脱却できる可能性がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2327665 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6765 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59244282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • L04
prop-ja:atcSuffix
  • AX04
prop-ja:c
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 191732 (xsd:integer)
prop-ja:chembl
  • 848 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 187515 (xsd:integer)
prop-ja:drugName
  • レナリドミド
prop-ja:drugbank
  • APRD01303
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 10800.0
prop-ja:excretion
prop-ja:h
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:imagename
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • GOTYRUGSSMKFNF-UHFFFAOYAS
prop-ja:iupacName
  • -3 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D04687
prop-ja:legalUs
  • Rx-only
prop-ja:metabolism
  • 腎臓
prop-ja:molecularWeight
  • 259.261000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyCategory
  • X (妊婦への投与は絶対禁忌)
prop-ja:proteinBound
  • 30.0
prop-ja:pubchem
  • 216326 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口
prop-ja:smiles
  • O=C1NCCCC1N3Cc2ccccN
prop-ja:stdinchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stdinchikey
  • GOTYRUGSSMKFNF-UHFFFAOYSA-N
prop-ja:unii
  • F0P408N6V4
prop-ja:width
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • レナリドミドまたはレナリドマイド(英名: Lenalidomide)とは2005年に登場した免疫調節薬 (IMiDs)。商品名「レブラミド®カプセル5mg」(一般名「レナリドミド水和物カプセル」セルジーン株式会社)。2013年現在、再発もしくは難治性の多発性骨髄腫(Multiple Myeloma: MM)と5番染色体長腕部欠失を伴う骨髄異形成症候群(del(5q)MDS・5q-症候群)の抗悪性腫瘍用剤(治療薬)である。開発コードからCC-5013と表記される場合もある。1999年にサリドマイドが難治性の多発性骨髄腫 (MM) の約30%に効果を示すことがわかり、レナリドミドはサリドマイドよりさらに効果を高め、副作用を少なくする目的で開発されたサリドマイド誘導体である。レナリドミドはサリドマイドよりTNF-α産出抑制に優れ、Thi細胞増加を刺激することが分かっている。レナリドミドは再発もしくは難治性の多発性骨髄腫に対して一定の効果を上げ、とくにデキサメサゾン (DEX) との併用で奏効率60%と高い成績を上げている。また、レナリドミドは5q-症候群に対しても著効を示し、多くの患者が輸血依存から脱却できる可能性がある。
rdfs:label
  • レナリドミド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of