Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『レディ・ベス』(英語題:Lady Bess)は、2014年に日本で初演されたミュージカル。イングランド女王エリザベス1世の青春時代から戴冠式までを描く。脚本・歌詞はミヒャエル・クンツェ、音楽・編曲はシルヴェスター・リーヴァイ、演出・訳詩は小池修一郎、製作は東宝。題名のレディ・ベスについて、母親であるアン・ブーリンが不義の疑いで処刑されたため、当時3歳に満たなかった娘のエリザベスも一時庶子にまで身を落とし王女としての地位を失う。それに伴い、呼び名に困った侍女が彼女をプリンセス・エリザベスから、レディ・エリザベス(ベス)と呼ぶようになったことから。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3192905 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55458892 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『レディ・ベス』(英語題:Lady Bess)は、2014年に日本で初演されたミュージカル。イングランド女王エリザベス1世の青春時代から戴冠式までを描く。脚本・歌詞はミヒャエル・クンツェ、音楽・編曲はシルヴェスター・リーヴァイ、演出・訳詩は小池修一郎、製作は東宝。題名のレディ・ベスについて、母親であるアン・ブーリンが不義の疑いで処刑されたため、当時3歳に満たなかった娘のエリザベスも一時庶子にまで身を落とし王女としての地位を失う。それに伴い、呼び名に困った侍女が彼女をプリンセス・エリザベスから、レディ・エリザベス(ベス)と呼ぶようになったことから。
rdfs:label
  • レディ・ベス
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of