Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レッド・ミラー(Robert Red Miller 1927年10月31日 - )は、イリノイ州マコーム出身の元アメリカンフットボールコーチ。西イリノイ大学卒業後、イリノイ州内のアストリア、カントンの高校、カルタゴ・カレッジでコーチを行った。1950年代終わりにルー・セイバンヘッドコーチの下で西イリノイ大学のアシスタントコーチを務めた。その後セイバンはAFLのボストン・ペイトリオッツのヘッドコーチとなり、彼は1962年にバッファロー・ビルズ、1963年から1965年まではデンバー・ブロンコス、1966年から1970年まではセントルイス・カージナルス、1971年から1972年までボルチモア・コルツ、1973年から1976年までニューイングランド・ペイトリオッツでアシスタントコーチを務めた。1977年1月31日にジョン・ラルストンに代わりデンバー・ブロンコスのヘッドコーチとなった。ラインバッカーのランディ・グラディシャー、ボブ・スウェンソン、トム・ジャクソン、コーナーバックのルイス・ライト、セイフティのビル・トンプソン、ディフェンシブエンドのライル・アルゼイドによるオレンジ・クラッシュ・ディフェンス、ニューヨーク・ジャイアンツから加入したベテランQBのクレイグ・モートンの活躍でチームは12勝2敗でAFC西地区優勝を果たし1960年のチーム創設以来初のプレーオフ進出を果たし、第12回スーパーボウルでトム・ランドリーヘッドコーチのダラス・カウボーイズと対戦した。チームは10-27で敗れて優勝はならなかった。チームは1979年まで3年連続でプレーオフに出場したが1978年12月30日にスリー・リバース・スタジアムで行われたディビジョナルプレーオフではピッツバーグ・スティーラーズに10-33、1979年12月23日にアストロドームで行われたワイルドカードプレーオフではヒューストン・オイラーズに7-13で敗れた。1980年に8勝8敗でプレーオフを逃した後、新オーナーのエドガー・カイザーに翌年春解任され後任にはダラス・カウボーイズのアシスタントコーチであったダン・リーブスが就任した。1983年にUSFLのデンバー・ゴールドのヘッドコーチに就任したがオーナーのロン・ブランディングと対立しそのシーズン中に解任された。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2002693 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56986111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:birthplace
  • イリノイ州マコーム
prop-ja:championships
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:coach
  • yes
prop-ja:coachingteams
prop-ja:coachingyears
  • 1977 (xsd:integer)
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:college
prop-ja:databasefootballcoach
  • MILLERED01
prop-ja:dateofbirth
  • 1927-10-31 (xsd:date)
prop-ja:latinName
  • Red Miller
prop-ja:name
  • レッド・ミラー
prop-ja:pfrcoach
  • MillRe0
prop-ja:player
  • no
prop-ja:playoffrecord
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:record
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:regularrecord
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1977 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • レッド・ミラー(Robert Red Miller 1927年10月31日 - )は、イリノイ州マコーム出身の元アメリカンフットボールコーチ。西イリノイ大学卒業後、イリノイ州内のアストリア、カントンの高校、カルタゴ・カレッジでコーチを行った。1950年代終わりにルー・セイバンヘッドコーチの下で西イリノイ大学のアシスタントコーチを務めた。その後セイバンはAFLのボストン・ペイトリオッツのヘッドコーチとなり、彼は1962年にバッファロー・ビルズ、1963年から1965年まではデンバー・ブロンコス、1966年から1970年まではセントルイス・カージナルス、1971年から1972年までボルチモア・コルツ、1973年から1976年までニューイングランド・ペイトリオッツでアシスタントコーチを務めた。1977年1月31日にジョン・ラルストンに代わりデンバー・ブロンコスのヘッドコーチとなった。ラインバッカーのランディ・グラディシャー、ボブ・スウェンソン、トム・ジャクソン、コーナーバックのルイス・ライト、セイフティのビル・トンプソン、ディフェンシブエンドのライル・アルゼイドによるオレンジ・クラッシュ・ディフェンス、ニューヨーク・ジャイアンツから加入したベテランQBのクレイグ・モートンの活躍でチームは12勝2敗でAFC西地区優勝を果たし1960年のチーム創設以来初のプレーオフ進出を果たし、第12回スーパーボウルでトム・ランドリーヘッドコーチのダラス・カウボーイズと対戦した。チームは10-27で敗れて優勝はならなかった。チームは1979年まで3年連続でプレーオフに出場したが1978年12月30日にスリー・リバース・スタジアムで行われたディビジョナルプレーオフではピッツバーグ・スティーラーズに10-33、1979年12月23日にアストロドームで行われたワイルドカードプレーオフではヒューストン・オイラーズに7-13で敗れた。1980年に8勝8敗でプレーオフを逃した後、新オーナーのエドガー・カイザーに翌年春解任され後任にはダラス・カウボーイズのアシスタントコーチであったダン・リーブスが就任した。1983年にUSFLのデンバー・ゴールドのヘッドコーチに就任したがオーナーのロン・ブランディングと対立しそのシーズン中に解任された。
rdfs:label
  • レッド・ミラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of