Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:PopulatedPlace/areaTotal
  • 20.4
  • 20.4609060716544
dbpedia-owl:PopulatedPlace/populationDensity
  • 116.13952928956773
dbpedia-owl:abstract
  • レッドストーン兵器廠(レッドストーンへいきしょう、英: Redstone Arsenal)はアメリカ合衆国アラバマ州マディソン郡ハンツビルの南西に位置するアメリカ陸軍駐屯地である。第二次世界大戦期におけるアメリカ陸軍の化学兵器や各種弾薬の製造に始まり、戦後は各種ミサイルやロケット砲の研究開発、試験、訓練(戦技研究)、評価などを行ってきたアメリカ陸軍のミサイル発祥の地でもある。現在の主な駐屯組織は、アメリカ陸軍航空ミサイル軍 (AMCOM、United States Army Aviation and Missile Command) とNASAマーシャル宇宙飛行センターである。レッドストーン兵器廠は、アメリカ合衆国の国勢調査指定地域 (CDP) に指定されており、ハンツビル及びディケーター合同統計地域に含まれる。2000年現在の国勢調査結果によると、当該CDPの人口は2,365人である。日本語では他にレッドストーン兵器工廠、レッドストーン陸軍工廠、レッドストーン工廠、レッドストーン軍需工場などとも訳される。「レッドストーン兵器庫」という訳も散見されるが、確かに兵器庫としての用途もあったため誤りではないものの現代の同工廠の実態を端的に示しているとは言いがたい。
dbpedia-owl:areaLand
  • 20400000.000000 (xsd:double)
  • 20460906.071654 (xsd:double)
dbpedia-owl:areaTotal
  • 20400000.000000 (xsd:double)
  • 20460906.071654 (xsd:double)
dbpedia-owl:areaWater
  • 0.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationDensity
  • 116.139529 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationTotal
  • 2365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1112920 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58931102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • W
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位区分名
prop-ja:下位区分種類
prop-ja:人口の時点
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:人口密度(平方キロ当たり)_
  • 116.200000 (xsd:double)
prop-ja:人口密度(平方マイル当たり)_
  • 300.800000 (xsd:double)
prop-ja:位置図
  • ALMap-doton-RedstoneArsenal.png
prop-ja:位置図の見出し
  • アラバマ州における位置
prop-ja:位置図サイズ指定
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:公式ウェブサイト
prop-ja:協定世界時との時差
  • -6 (xsd:integer)
prop-ja:夏時間の協定世界時との時差
  • -5 (xsd:integer)
prop-ja:夏時間の等時帯
prop-ja:正式名称
  • レッドストーン兵器廠
prop-ja:水面面積(平方キロ)_
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:水面面積(平方マイル)_
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Redstone Arsenal bldg 7101 04.jpg
prop-ja:画像の見出し
  • レッドストーン兵器廠7101号棟。手前に兵器廠の歴史を象徴するレッドストーン短距離弾道ミサイルが見える。
prop-ja:等時帯
prop-ja:経度分
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 86 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:総人口
  • 2365 (xsd:integer)
prop-ja:総面積(平方キロ)_
  • 20.400000 (xsd:double)
prop-ja:総面積(平方マイル)_
  • 7.900000 (xsd:double)
prop-ja:緯度分
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 34 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:規模
  • 1000000 (xsd:integer)
prop-ja:陸上面積(平方キロ)_
  • 20.400000 (xsd:double)
prop-ja:陸上面積(平方マイル)_
  • 7.900000 (xsd:double)
dcterms:subject
georss:point
  • 34.68416666666667 -86.65416666666667
rdf:type
rdfs:comment
  • レッドストーン兵器廠(レッドストーンへいきしょう、英: Redstone Arsenal)はアメリカ合衆国アラバマ州マディソン郡ハンツビルの南西に位置するアメリカ陸軍駐屯地である。第二次世界大戦期におけるアメリカ陸軍の化学兵器や各種弾薬の製造に始まり、戦後は各種ミサイルやロケット砲の研究開発、試験、訓練(戦技研究)、評価などを行ってきたアメリカ陸軍のミサイル発祥の地でもある。現在の主な駐屯組織は、アメリカ陸軍航空ミサイル軍 (AMCOM、United States Army Aviation and Missile Command) とNASAマーシャル宇宙飛行センターである。レッドストーン兵器廠は、アメリカ合衆国の国勢調査指定地域 (CDP) に指定されており、ハンツビル及びディケーター合同統計地域に含まれる。2000年現在の国勢調査結果によると、当該CDPの人口は2,365人である。日本語では他にレッドストーン兵器工廠、レッドストーン陸軍工廠、レッドストーン工廠、レッドストーン軍需工場などとも訳される。「レッドストーン兵器庫」という訳も散見されるが、確かに兵器庫としての用途もあったため誤りではないものの現代の同工廠の実態を端的に示しているとは言いがたい。
rdfs:label
  • レッドストーン兵器廠
owl:sameAs
geo:lat
  • 34.684166 (xsd:float)
geo:long
  • -86.654167 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • レッドストーン兵器廠
is dbpedia-owl:affiliation of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:workInstitutions of
is prop-ja:指揮 of
is foaf:primaryTopic of