Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レスキューロボット(Rescue robot)は、地震や水害などの災害で被災した人間を救助したりすることなどを目的として設計されたロボットである。現在開発が進められているものの多くは、要救助者の探索を目的としており、瓦礫や建物内の中を移動するための特殊な移動機構や、人間を発見するためのセンサ技術などの開発が焦点となっている。日本では2011年の東京電力・福島第一原子力発電所事故(以後「福島第一原発事故」)をきっかけとして、従来より行われていた、原発事故時に発電所施設内の情報収集や、危険箇所での作業を行うためのロボットの研究・開発もより強化されている(後述)。また、福島第一原発事故を契機に、ヒューマノイドの開発競争が全世界的に起きている。なお、2011年の東日本大震災前後ごろから、公的な文書では「レスキュー(救助)ロボット」とは用いずに、災害時に用いられるロボット全般を指す「災害対応ロボット」などが用いられることが多い(e.g.)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 593599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57866775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • レスキューロボット(Rescue robot)は、地震や水害などの災害で被災した人間を救助したりすることなどを目的として設計されたロボットである。現在開発が進められているものの多くは、要救助者の探索を目的としており、瓦礫や建物内の中を移動するための特殊な移動機構や、人間を発見するためのセンサ技術などの開発が焦点となっている。日本では2011年の東京電力・福島第一原子力発電所事故(以後「福島第一原発事故」)をきっかけとして、従来より行われていた、原発事故時に発電所施設内の情報収集や、危険箇所での作業を行うためのロボットの研究・開発もより強化されている(後述)。また、福島第一原発事故を契機に、ヒューマノイドの開発競争が全世界的に起きている。なお、2011年の東日本大震災前後ごろから、公的な文書では「レスキュー(救助)ロボット」とは用いずに、災害時に用いられるロボット全般を指す「災害対応ロボット」などが用いられることが多い(e.g.)。
rdfs:label
  • レスキューロボット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of