Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レジティミスムまたは正統王朝主義(フランス語: Légitimisme)は、フランスとナヴァルの王はサリカ法の単純適用によってのみ選ばれるべきとする立場をとるフランスの君主制支持運動。この立場を支持する者をレジティミスト (Légitimiste) と呼ぶ。フランス復古王政期には「ユルトラ王党派」と呼ばれ、1830年の7月革命で王位を追われたブルボン王朝の嫡系を強く支持した。フランスの歴史家ルネ・レーモンはレジティミストを、オルレアニスト、ボナパルティストと並ぶフランスにおける3つの右翼派閥の一つと分析している。レジティミストは反革命的な政治主張によって特徴づけられ、1789年のフランス革命、フランス共和国および両者と結びつくもの全てを否認している。このため伝統的カトリック教徒とも立場が近く、また次第に極右政治運動と結びつきつつある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1913757 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59093763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • レジティミスムまたは正統王朝主義(フランス語: Légitimisme)は、フランスとナヴァルの王はサリカ法の単純適用によってのみ選ばれるべきとする立場をとるフランスの君主制支持運動。この立場を支持する者をレジティミスト (Légitimiste) と呼ぶ。フランス復古王政期には「ユルトラ王党派」と呼ばれ、1830年の7月革命で王位を追われたブルボン王朝の嫡系を強く支持した。フランスの歴史家ルネ・レーモンはレジティミストを、オルレアニスト、ボナパルティストと並ぶフランスにおける3つの右翼派閥の一つと分析している。レジティミストは反革命的な政治主張によって特徴づけられ、1789年のフランス革命、フランス共和国および両者と結びつくもの全てを否認している。このため伝統的カトリック教徒とも立場が近く、また次第に極右政治運動と結びつきつつある。
rdfs:label
  • レジティミスム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of