Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レキシントン・コンコードの戦い(レキシントン・コンコードのたたかい、Battles of Lexington and Concord)は、1775年の4月19日に起こった、アメリカ独立戦争が始まる契機となった英米間の戦闘である。イギリス軍が、ボストン北西に位置するコンコードにあった、アメリカ植民地民兵部隊の武器庫の接収作戦を実施した。それに反発すべく動いた植民地民兵隊と武力衝突、レキシントンとコンコードにてイギリス軍と民兵隊の激しい戦闘が行われ、植民地軍はイギリス軍を撃破した。規模は小さいながら独立戦争の緒戦を飾るものとなった。4月18日、フランシス・スミス中佐の指揮で約700のイギリス軍正規兵に、マサチューセッツ民兵が武器を隠していると報告のあったコンコードの倉庫を確保し破壊せよという命令が出た。植民地の愛国者達はこの日の数週間前に、イギリス軍が捜索を行おうとしているという情報を掴んでおり、軍需物資のすべてではないがほとんど全部を安全な場所に移していた。イギリス軍の遠征の前の夜にもその作戦計画の詳細を掴んでおり、この知らせは直ぐに民兵達の間に流されていた。最初の銃弾はレキシントンで日の出とともに放たれた。民兵は数的に劣勢だったので撤退した。数時間後コンコードのノースブリッジにいた別の愛国者兵がイギリス軍の3個中隊と交戦し損害を与えた。野戦での数回の戦闘後に今度は数的に劣勢になったイギリス軍が撤退した。民兵達はその後も陸続と集まり続け、ボストンへ向けて撤退するイギリス軍を追ってかなりの損害を与えた。スミス遠征隊はコンコードからレキシントンに向かう途中で、ヒュー・パーシー指揮の増援隊の援護を受けた。総勢約1,700名となった遠征隊は撤退中も激しい銃火に曝されたが、最終的にはなんとかチャールズタウンまで辿り着いた。イギリス軍は軍事機密を保つことに失敗し、敵対的地域での作戦行動に必要な速度にも欠けていた。結果として武器弾薬の押収はほとんど失敗した。イギリス軍の多くはボストンに撤退できたが、その夜からマサチューセッツ民兵が周辺地域を抑えて、ボストン包囲戦の始まりとなった。
dbpedia-owl:casualties
  • 5 (xsd:integer)
  • 26 (xsd:integer)
  • 39 (xsd:integer)
  • 50 (xsd:integer)
  • 73 (xsd:integer)
  • 174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • イギリス海兵隊
  • イギリス陸軍,
  • マサチューセッツ植民地民兵
dbpedia-owl:description
  • レキシントンの戦い
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • アメリカ側の勝利
dbpedia-owl:strength
  • レキシントン広場75(パーカー): コンコード橋400(バーレット)19日の終わり4,000(ヒース)。すべて推定。
  • 初期遠征隊700(スミス):レキシントン広場250(ピトケアン):コンコード橋95(ローリー):バーレット農園120(パーソンズ): 他にボストン撤退路での援軍1,000(パーシー伯)。すべて推定。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 386719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26090 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58863510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • レキシントン・コンコードの戦い
prop-ja:campaign
  • アメリカ独立戦争
prop-ja:caption
  • レキシントンの戦い
prop-ja:casualties
  • 傷者174
  • 傷者39
  • 死者50
  • 死者73
  • 行方不明26
  • 行方不明5
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --04-19
prop-ja:place
prop-ja:result
  • アメリカ側の勝利
prop-ja:strength
  • レキシントン広場75(パーカー): コンコード橋400(バーレット)19日の終わり4,000(ヒース)。すべて推定。
  • 初期遠征隊700(スミス):レキシントン広場250(ピトケアン):コンコード橋95(ローリー):バーレット農園120(パーソンズ): 他にボストン撤退路での援軍1,000(パーシー伯)。すべて推定。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • レキシントン・コンコードの戦い(レキシントン・コンコードのたたかい、Battles of Lexington and Concord)は、1775年の4月19日に起こった、アメリカ独立戦争が始まる契機となった英米間の戦闘である。イギリス軍が、ボストン北西に位置するコンコードにあった、アメリカ植民地民兵部隊の武器庫の接収作戦を実施した。それに反発すべく動いた植民地民兵隊と武力衝突、レキシントンとコンコードにてイギリス軍と民兵隊の激しい戦闘が行われ、植民地軍はイギリス軍を撃破した。規模は小さいながら独立戦争の緒戦を飾るものとなった。4月18日、フランシス・スミス中佐の指揮で約700のイギリス軍正規兵に、マサチューセッツ民兵が武器を隠していると報告のあったコンコードの倉庫を確保し破壊せよという命令が出た。植民地の愛国者達はこの日の数週間前に、イギリス軍が捜索を行おうとしているという情報を掴んでおり、軍需物資のすべてではないがほとんど全部を安全な場所に移していた。イギリス軍の遠征の前の夜にもその作戦計画の詳細を掴んでおり、この知らせは直ぐに民兵達の間に流されていた。最初の銃弾はレキシントンで日の出とともに放たれた。民兵は数的に劣勢だったので撤退した。数時間後コンコードのノースブリッジにいた別の愛国者兵がイギリス軍の3個中隊と交戦し損害を与えた。野戦での数回の戦闘後に今度は数的に劣勢になったイギリス軍が撤退した。民兵達はその後も陸続と集まり続け、ボストンへ向けて撤退するイギリス軍を追ってかなりの損害を与えた。スミス遠征隊はコンコードからレキシントンに向かう途中で、ヒュー・パーシー指揮の増援隊の援護を受けた。総勢約1,700名となった遠征隊は撤退中も激しい銃火に曝されたが、最終的にはなんとかチャールズタウンまで辿り着いた。イギリス軍は軍事機密を保つことに失敗し、敵対的地域での作戦行動に必要な速度にも欠けていた。結果として武器弾薬の押収はほとんど失敗した。イギリス軍の多くはボストンに撤退できたが、その夜からマサチューセッツ民兵が周辺地域を抑えて、ボストン包囲戦の始まりとなった。
rdfs:label
  • レキシントン・コンコードの戦い
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • レキシントン・コンコードの戦い
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of