Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レイモンド・ソーントン・チャンドラー(Raymond Thornton Chandler, 1888年7月23日 - 1959年3月26日)は、アメリカ合衆国シカゴ生まれの、小説家で脚本家。1932年、44歳のとき大恐慌の影響で石油会社での職を失い、推理小説を書き始めた。最初の短編「脅迫者は撃たない」は1933年「ブラック・マスク」という有名なパルプ・マガジンに掲載された。処女長編は1939年の『大いなる眠り』である。長編小説は7作品だけで(8作目は後にロバート・B・パーカーが完結させた)、他は中、短編であるが、チャンドラーの長編はほとんど先に書いた中篇が元になっている。『プレイバック』以外の長編はいずれも映画化されている。死の直前にアメリカ探偵作家クラブ会長に選ばれた。1959年3月26日、カリフォルニア州ラホヤで死去。チャンドラーの文体はアメリカ大衆文学に大きな影響を及ぼし、ダシール・ハメットやジェームズ・M・ケインといった他の「ブラック・マスク」誌の作家と共にハードボイルド探偵小説を生み出したとされている。彼が生み出した主人公フィリップ・マーロウはハメットのサム・スペードと共にハードボイルド系「私立探偵」の代名詞とされている。ハンフリー・ボガートが映画で両者とも演じているが、チャンドラー自身はマーロウに一番近い俳優としてケーリー・グラントをあげている。チャンドラーの長編小説の一部は文学作品として重要とされており、特に『大いなる眠り』(1939)『さらば愛しき女よ』(1940)、『長いお別れ』(1953) の3作品は傑作とされることが多い。あるアメリカ犯罪小説のアンソロジーでは『長いお別れ』について「主流文学の中にミステリーの要素を取り入れた作品。ただし、その1番目は20年以上前に出版されたハメットの『ガラスの鍵』である」と評している。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1959-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1933-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1888-07-23 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1959-03-26 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 29911 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17293 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56990145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alternativeNames
  • Chandler, Raymond Thornton
prop-ja:birthDate
  • 1888-07-23 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • イリノイ州シカゴ
prop-ja:dateOfBirth
  • July 23, 1888
prop-ja:dateOfDeath
  • March 26, 1959
prop-ja:deathDate
  • 1959-03-26 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • カリフォルニア州ラホヤ
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • 151452 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:name
  • レイモンド・チャンドラー
  • Chandler, Raymond
  • Raymond Chandler
prop-ja:occupation
  • 小説家
prop-ja:period
  • 1933 (xsd:integer)
prop-ja:placeOfBirth
  • Chicago, Illinois, United States
prop-ja:placeOfDeath
  • San Diego, California, United States
prop-ja:shortDescription
  • Novelist, screenwriter
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • レイモンド・ソーントン・チャンドラー(Raymond Thornton Chandler, 1888年7月23日 - 1959年3月26日)は、アメリカ合衆国シカゴ生まれの、小説家で脚本家。1932年、44歳のとき大恐慌の影響で石油会社での職を失い、推理小説を書き始めた。最初の短編「脅迫者は撃たない」は1933年「ブラック・マスク」という有名なパルプ・マガジンに掲載された。処女長編は1939年の『大いなる眠り』である。長編小説は7作品だけで(8作目は後にロバート・B・パーカーが完結させた)、他は中、短編であるが、チャンドラーの長編はほとんど先に書いた中篇が元になっている。『プレイバック』以外の長編はいずれも映画化されている。死の直前にアメリカ探偵作家クラブ会長に選ばれた。1959年3月26日、カリフォルニア州ラホヤで死去。チャンドラーの文体はアメリカ大衆文学に大きな影響を及ぼし、ダシール・ハメットやジェームズ・M・ケインといった他の「ブラック・マスク」誌の作家と共にハードボイルド探偵小説を生み出したとされている。彼が生み出した主人公フィリップ・マーロウはハメットのサム・スペードと共にハードボイルド系「私立探偵」の代名詞とされている。ハンフリー・ボガートが映画で両者とも演じているが、チャンドラー自身はマーロウに一番近い俳優としてケーリー・グラントをあげている。チャンドラーの長編小説の一部は文学作品として重要とされており、特に『大いなる眠り』(1939)『さらば愛しき女よ』(1940)、『長いお別れ』(1953) の3作品は傑作とされることが多い。あるアメリカ犯罪小説のアンソロジーでは『長いお別れ』について「主流文学の中にミステリーの要素を取り入れた作品。ただし、その1番目は20年以上前に出版されたハメットの『ガラスの鍵』である」と評している。
rdfs:label
  • レイモンド・チャンドラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • レイモンド・チャンドラー
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:脚本 of
is foaf:primaryTopic of