Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レイトレーシング(ray tracing)は、波の線(伝播経路)を追跡することで、ある点において観測される画像・音像などをシミュレートする計算手法である。まれに「レイ・トレーシング」と表記することも。レイトレーシングを行う対象は「光線」が基本でありこれは「光線追跡法」とも呼ばれるが、他にも「電波」「地震波」「超音波」などでも行われることがあり、それぞれ「波線追跡法」「音線追跡法」などと呼ばれることもある。ある点(ある人の視点・耳・電波観測装置など)に届く光線・波線(電波の仮想的な線)・音線(音波の仮想的な線)などを逆にたどることによって、その点における視像(画像)・音像などを描画する。たとえば光線であれば、物体の表面の反射率、また透明度・屈折率等々を細かく反映させた像を得られるのが特徴で、1画素ずつ光線の経路を計算するので、高い画質で描画することができるという特長がある、が反面、一般的に計算量は多くなる。この手法では反射や屈折は忠実に再現できるが、回折は近似やモデリングを必要とする。対象が異なっても伝播経路を追跡する基本的な原則は共通であるが、計算手順はそれぞれで異なる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54646148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • レイトレーシング(ray tracing)は、波の線(伝播経路)を追跡することで、ある点において観測される画像・音像などをシミュレートする計算手法である。まれに「レイ・トレーシング」と表記することも。レイトレーシングを行う対象は「光線」が基本でありこれは「光線追跡法」とも呼ばれるが、他にも「電波」「地震波」「超音波」などでも行われることがあり、それぞれ「波線追跡法」「音線追跡法」などと呼ばれることもある。ある点(ある人の視点・耳・電波観測装置など)に届く光線・波線(電波の仮想的な線)・音線(音波の仮想的な線)などを逆にたどることによって、その点における視像(画像)・音像などを描画する。たとえば光線であれば、物体の表面の反射率、また透明度・屈折率等々を細かく反映させた像を得られるのが特徴で、1画素ずつ光線の経路を計算するので、高い画質で描画することができるという特長がある、が反面、一般的に計算量は多くなる。この手法では反射や屈折は忠実に再現できるが、回折は近似やモデリングを必要とする。対象が異なっても伝播経路を追跡する基本的な原則は共通であるが、計算手順はそれぞれで異なる。
rdfs:label
  • レイトレーシング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of