Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月23日から同25日にかけてフィリピン及びフィリピン周辺海域で発生した、日本海軍とアメリカ海軍とオーストラリア海軍からなる連合国軍との間で交わされた一連の海戦の総称。日本側と連合国側の主攻目標が共にレイテ島(レイテ湾)であったことから、この名が付けられた。比島沖海戦もしくはフィリピン沖海戦(2nd battle of the Philippine Sea)ともいう。本海戦を細分化すればシブヤン海海戦(Battle of the Sibuyan Sea)、スリガオ海峡海戦(Battle of Surigao Strait)、エンガノ岬沖海戦(Battle of Cape Engano)、サマール沖海戦(Battle off Samar)の4つの海戦からなるが、戦局に与えた影響や評者による議論の仕方によっては事前の様々な背景が採り上げられることもある。連合軍の作戦名はキングII作戦(Operation KING II)でレイテ島奪還が目的、日本側の作戦名は捷一号作戦でアメリカ軍の進攻阻止が目的であった。日本海軍の艦隊戦力はこの海戦での敗北を最後に事実上壊滅し、以後大規模かつ組織的活動が不可能となった。また、この海戦で日本側ははじめて神風特別攻撃隊による攻撃をおこなった。日本海軍は稼働軍艦の多くの投入を企図するなど総力を挙げ、後の戦闘を見越し陸軍も多数の部隊を配置し、アメリカも太平洋に展開する大半の軍事力(特に海軍)を投じたうえに、同盟国のオーストラリア海軍の支援を得て戦った。その規模の大きさ、戦域が広範囲に及んだことなどから史上最大の海戦と言われる。
dbpedia-owl:casualties
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:description
  • 日本軍の攻撃を受け炎上する米空母プリンストン
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • 連合国軍の勝利、連合艦隊の壊滅
dbpedia-owl:strength
  • 戦艦12
  • 戦艦9
  • 航空母艦17
  • 航空母艦4
  • 護衛空母18
  • 軽巡洋艦15
  • 軽巡洋艦6他
  • 重巡洋艦11
  • 重巡洋艦13
  • 駆逐艦141
  • 駆逐艦34
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 71549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 125499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59254399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • レイテ沖海戦
prop-ja:campaign
  • フィリピンの戦い
prop-ja:caption
  • 日本軍の攻撃を受け炎上する米空母プリンストン
prop-ja:casualties
  • 航空母艦4
  • 重巡洋艦6
  • 駆逐艦2
  • 戦艦3
  • 航空母艦1
  • 護衛空母2
  • 護衛駆逐艦1沈没など
  • 軽巡洋艦4
  • 駆逐艦9沈没など
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffccaa;color:#2222cc
prop-ja:commander
  • ウィリアム・ハルゼー
  • トーマス・キンケイド
  • 小沢治三郎
  • 志摩清英
  • 栗田健男
  • 西村祥治
  • (日米両軍とも現場指揮官)
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --10-23
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 連合国軍の勝利、連合艦隊の壊滅
prop-ja:strength
  • 航空母艦4
  • 戦艦12
  • 戦艦9
  • 航空母艦17
  • 護衛空母18
  • 軽巡洋艦15
  • 軽巡洋艦6他
  • 重巡洋艦11
  • 重巡洋艦13
  • 駆逐艦141
  • 駆逐艦34
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月23日から同25日にかけてフィリピン及びフィリピン周辺海域で発生した、日本海軍とアメリカ海軍とオーストラリア海軍からなる連合国軍との間で交わされた一連の海戦の総称。日本側と連合国側の主攻目標が共にレイテ島(レイテ湾)であったことから、この名が付けられた。比島沖海戦もしくはフィリピン沖海戦(2nd battle of the Philippine Sea)ともいう。本海戦を細分化すればシブヤン海海戦(Battle of the Sibuyan Sea)、スリガオ海峡海戦(Battle of Surigao Strait)、エンガノ岬沖海戦(Battle of Cape Engano)、サマール沖海戦(Battle off Samar)の4つの海戦からなるが、戦局に与えた影響や評者による議論の仕方によっては事前の様々な背景が採り上げられることもある。連合軍の作戦名はキングII作戦(Operation KING II)でレイテ島奪還が目的、日本側の作戦名は捷一号作戦でアメリカ軍の進攻阻止が目的であった。日本海軍の艦隊戦力はこの海戦での敗北を最後に事実上壊滅し、以後大規模かつ組織的活動が不可能となった。また、この海戦で日本側ははじめて神風特別攻撃隊による攻撃をおこなった。日本海軍は稼働軍艦の多くの投入を企図するなど総力を挙げ、後の戦闘を見越し陸軍も多数の部隊を配置し、アメリカも太平洋に展開する大半の軍事力(特に海軍)を投じたうえに、同盟国のオーストラリア海軍の支援を得て戦った。その規模の大きさ、戦域が広範囲に及んだことなどから史上最大の海戦と言われる。
rdfs:label
  • レイテ沖海戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • レイテ沖海戦
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:battles of
is prop-ja:戦闘 of
is foaf:primaryTopic of