レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、英語: Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月20日から同25日にかけて、フィリピン周辺の広大な海域を舞台にして、日本海軍とアメリカ海軍及びオーストラリア海軍の間で交わされた一連の海戦の総称である。フィリピン奪回を目指して侵攻するアメリカ軍を、日本海軍が総力を挙げて迎撃する形で発生した。 レイテ沖海戦という呼称は、アメリカ軍が揚陸地点に定めた作戦上の要地であるレイテ湾に因んでいるが、戦争当時の日本はフィリピン沖海戦と呼んでおり、後にアメリカ側の呼称を採用した。双方合わせて20万人以上の海上兵員が参加し、日米共に稼働艦艇と航空機を総動員した膨大な数の兵器が投入されている事から史上最大の海戦と称される事もある。 この6日間の海上戦役は、、、、といった四つの海戦で構成されており、その他に基地航空部隊による交戦も頻繁に行われていた。また、神風特別攻撃隊が初めて組織的に運用されている。連合艦隊の残存戦力の全てをつぎ込んだ決死の海上展開は「捷一号作戦」として発動された。日本海軍の艦隊戦力はこのレイテ沖海戦を最後にして事実上消滅し、10月20日にレイテ島に上陸したアメリカ軍のマッカーサーは、25日に同島に司令部を設置した。

Property Value
dbo:abstract
  • レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、英語: Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月20日から同25日にかけて、フィリピン周辺の広大な海域を舞台にして、日本海軍とアメリカ海軍及びオーストラリア海軍の間で交わされた一連の海戦の総称である。フィリピン奪回を目指して侵攻するアメリカ軍を、日本海軍が総力を挙げて迎撃する形で発生した。 レイテ沖海戦という呼称は、アメリカ軍が揚陸地点に定めた作戦上の要地であるレイテ湾に因んでいるが、戦争当時の日本はフィリピン沖海戦と呼んでおり、後にアメリカ側の呼称を採用した。双方合わせて20万人以上の海上兵員が参加し、日米共に稼働艦艇と航空機を総動員した膨大な数の兵器が投入されている事から史上最大の海戦と称される事もある。 この6日間の海上戦役は、、、、といった四つの海戦で構成されており、その他に基地航空部隊による交戦も頻繁に行われていた。また、神風特別攻撃隊が初めて組織的に運用されている。連合艦隊の残存戦力の全てをつぎ込んだ決死の海上展開は「捷一号作戦」として発動された。日本海軍の艦隊戦力はこのレイテ沖海戦を最後にして事実上消滅し、10月20日にレイテ島に上陸したアメリカ軍のマッカーサーは、25日に同島に司令部を設置した。 (ja)
  • レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、英語: Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月20日から同25日にかけて、フィリピン周辺の広大な海域を舞台にして、日本海軍とアメリカ海軍及びオーストラリア海軍の間で交わされた一連の海戦の総称である。フィリピン奪回を目指して侵攻するアメリカ軍を、日本海軍が総力を挙げて迎撃する形で発生した。 レイテ沖海戦という呼称は、アメリカ軍が揚陸地点に定めた作戦上の要地であるレイテ湾に因んでいるが、戦争当時の日本はフィリピン沖海戦と呼んでおり、後にアメリカ側の呼称を採用した。双方合わせて20万人以上の海上兵員が参加し、日米共に稼働艦艇と航空機を総動員した膨大な数の兵器が投入されている事から史上最大の海戦と称される事もある。 この6日間の海上戦役は、、、、といった四つの海戦で構成されており、その他に基地航空部隊による交戦も頻繁に行われていた。また、神風特別攻撃隊が初めて組織的に運用されている。連合艦隊の残存戦力の全てをつぎ込んだ決死の海上展開は「捷一号作戦」として発動された。日本海軍の艦隊戦力はこのレイテ沖海戦を最後にして事実上消滅し、10月20日にレイテ島に上陸したアメリカ軍のマッカーサーは、25日に同島に司令部を設置した。 (ja)
dbo:casualties
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
dbo:description
  • 日米艦隊の戦闘(1944年10月25日、サマール沖) (ja)
  • 日米艦隊の戦闘(1944年10月25日、サマール沖) (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 連合国軍の勝利、連合艦隊の壊滅
dbo:strength
  • 航空母艦4
  • 重巡洋艦11
  • 戦艦12
  • 戦艦9
  • 航空機約1000機
  • 航空機約600機
  • 航空母艦17
  • 補助艦艇約1500隻
  • 護衛空母18
  • 軽巡洋艦15
  • 軽巡洋艦6他
  • 重巡洋艦13
  • 駆逐艦141
  • 駆逐艦34
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 71549 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 199663 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81335501 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • レイテ沖海戦 (ja)
  • レイテ沖海戦 (ja)
prop-ja:campaign
  • フィリピンの戦い (ja)
  • フィリピンの戦い (ja)
prop-ja:caption
  • 日米艦隊の戦闘 (ja)
  • 日米艦隊の戦闘 (ja)
prop-ja:casualties
  • 軽巡洋艦4 (ja)
  • 戦艦3 (ja)
  • 駆逐艦2 (ja)
  • 航空母艦1 (ja)
  • 航空母艦4 (ja)
  • 護衛空母2 (ja)
  • 護衛駆逐艦1沈没など (ja)
  • 重巡洋艦6 (ja)
  • 駆逐艦9沈没など (ja)
  • 軽巡洋艦4 (ja)
  • 戦艦3 (ja)
  • 駆逐艦2 (ja)
  • 航空母艦1 (ja)
  • 航空母艦4 (ja)
  • 護衛空母2 (ja)
  • 護衛駆逐艦1沈没など (ja)
  • 重巡洋艦6 (ja)
  • 駆逐艦9沈没など (ja)
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffccaa;color:#2222cc (ja)
  • background:#ffccaa;color:#2222cc (ja)
prop-ja:commander
  • トーマス・キンケイド (ja)
  • ウィリアム・ハルゼー (ja)
  • 小沢治三郎 (ja)
  • 栗田健男 (ja)
  • 西村祥治 (ja)
  • 大西瀧治郎 (ja)
  • 志摩清英 (ja)
  • 福留繁 (ja)
  • (日米両軍とも現場指揮官) (ja)
  • トーマス・キンケイド (ja)
  • ウィリアム・ハルゼー (ja)
  • 小沢治三郎 (ja)
  • 栗田健男 (ja)
  • 西村祥治 (ja)
  • 大西瀧治郎 (ja)
  • 志摩清英 (ja)
  • 福留繁 (ja)
  • (日米両軍とも現場指揮官) (ja)
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 20050115010835 (xsd:decimal)
  • 20050117030620 (xsd:decimal)
  • 20050410140856 (xsd:decimal)
  • 20071112181016 (xsd:decimal)
  • 20100101000000 (xsd:decimal)
  • 20110419211910 (xsd:decimal)
  • 20160304141912 (xsd:decimal)
  • --10-20
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 連合国軍の勝利、連合艦隊の壊滅 (ja)
  • 連合国軍の勝利、連合艦隊の壊滅 (ja)
prop-ja:strength
  • 重巡洋艦11 (ja)
  • 航空母艦4 (ja)
  • 戦艦12 (ja)
  • 戦艦9 (ja)
  • 航空機約1000機 (ja)
  • 航空機約600機 (ja)
  • 航空母艦17 (ja)
  • 補助艦艇約1500隻 (ja)
  • 護衛空母18 (ja)
  • 軽巡洋艦15 (ja)
  • 軽巡洋艦6他 (ja)
  • 重巡洋艦13 (ja)
  • 駆逐艦141 (ja)
  • 駆逐艦34 (ja)
  • 重巡洋艦11 (ja)
  • 航空母艦4 (ja)
  • 戦艦12 (ja)
  • 戦艦9 (ja)
  • 航空機約1000機 (ja)
  • 航空機約600機 (ja)
  • 航空母艦17 (ja)
  • 補助艦艇約1500隻 (ja)
  • 護衛空母18 (ja)
  • 軽巡洋艦15 (ja)
  • 軽巡洋艦6他 (ja)
  • 重巡洋艦13 (ja)
  • 駆逐艦141 (ja)
  • 駆逐艦34 (ja)
prop-ja:title
  • 第三八一海軍航空隊(バリックパパン) (ja)
  • 海軍捷号作戦/フィリピン沖海戦(米軍呼称 レイテ湾海戦) (ja)
  • 「大和」艦橋から見たレイテ海戦 (ja)
  • 戦記目次 (ja)
  • 望月雅彦 (ja)
  • 栗田中将会見記 (ja)
  • 硝煙の海 (ja)
  • 第三八一海軍航空隊(バリックパパン) (ja)
  • 海軍捷号作戦/フィリピン沖海戦(米軍呼称 レイテ湾海戦) (ja)
  • 「大和」艦橋から見たレイテ海戦 (ja)
  • 戦記目次 (ja)
  • 望月雅彦 (ja)
  • 栗田中将会見記 (ja)
  • 硝煙の海 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、英語: Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月20日から同25日にかけて、フィリピン周辺の広大な海域を舞台にして、日本海軍とアメリカ海軍及びオーストラリア海軍の間で交わされた一連の海戦の総称である。フィリピン奪回を目指して侵攻するアメリカ軍を、日本海軍が総力を挙げて迎撃する形で発生した。 レイテ沖海戦という呼称は、アメリカ軍が揚陸地点に定めた作戦上の要地であるレイテ湾に因んでいるが、戦争当時の日本はフィリピン沖海戦と呼んでおり、後にアメリカ側の呼称を採用した。双方合わせて20万人以上の海上兵員が参加し、日米共に稼働艦艇と航空機を総動員した膨大な数の兵器が投入されている事から史上最大の海戦と称される事もある。 この6日間の海上戦役は、、、、といった四つの海戦で構成されており、その他に基地航空部隊による交戦も頻繁に行われていた。また、神風特別攻撃隊が初めて組織的に運用されている。連合艦隊の残存戦力の全てをつぎ込んだ決死の海上展開は「捷一号作戦」として発動された。日本海軍の艦隊戦力はこのレイテ沖海戦を最後にして事実上消滅し、10月20日にレイテ島に上陸したアメリカ軍のマッカーサーは、25日に同島に司令部を設置した。 (ja)
  • レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、英語: Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月20日から同25日にかけて、フィリピン周辺の広大な海域を舞台にして、日本海軍とアメリカ海軍及びオーストラリア海軍の間で交わされた一連の海戦の総称である。フィリピン奪回を目指して侵攻するアメリカ軍を、日本海軍が総力を挙げて迎撃する形で発生した。 レイテ沖海戦という呼称は、アメリカ軍が揚陸地点に定めた作戦上の要地であるレイテ湾に因んでいるが、戦争当時の日本はフィリピン沖海戦と呼んでおり、後にアメリカ側の呼称を採用した。双方合わせて20万人以上の海上兵員が参加し、日米共に稼働艦艇と航空機を総動員した膨大な数の兵器が投入されている事から史上最大の海戦と称される事もある。 この6日間の海上戦役は、、、、といった四つの海戦で構成されており、その他に基地航空部隊による交戦も頻繁に行われていた。また、神風特別攻撃隊が初めて組織的に運用されている。連合艦隊の残存戦力の全てをつぎ込んだ決死の海上展開は「捷一号作戦」として発動された。日本海軍の艦隊戦力はこのレイテ沖海戦を最後にして事実上消滅し、10月20日にレイテ島に上陸したアメリカ軍のマッカーサーは、25日に同島に司令部を設置した。 (ja)
rdfs:label
  • レイテ沖海戦 (ja)
  • レイテ沖海戦 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • レイテ沖海戦 (ja)
  • レイテ沖海戦 (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:戦闘 of
is prop-ja:最終階級 of
is foaf:primaryTopic of