Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルーン文字(ルーンもじ)はゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系であり、音素文字の一種である。成立時期は不明であるが、確認されている最初期のルーン銘文は2世紀あるいは3世紀頃のものである。ラテン文字に取って代わられて使用されなくなったが、スカンディナヴィアでは中世後期まで用いられた。一部の地域ではルーンの知識は初期近代まで民間に残存していた。「ルーン(rune)」という名称の語源としては、「秘密」を意味するゴート語の runa が挙げられる(cf. 古英語: rūn, 古ノルド語: rún)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 31818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58627366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:children
prop-ja:fam
prop-ja:iso
  • Runr
prop-ja:languages
prop-ja:name
  • ルーン文字
prop-ja:sample
  • Runes futhark old.png
prop-ja:time
prop-ja:type
  • アルファベット
prop-ja:unicode
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルーン文字(ルーンもじ)はゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系であり、音素文字の一種である。成立時期は不明であるが、確認されている最初期のルーン銘文は2世紀あるいは3世紀頃のものである。ラテン文字に取って代わられて使用されなくなったが、スカンディナヴィアでは中世後期まで用いられた。一部の地域ではルーンの知識は初期近代まで民間に残存していた。「ルーン(rune)」という名称の語源としては、「秘密」を意味するゴート語の runa が挙げられる(cf. 古英語: rūn, 古ノルド語: rún)。
rdfs:label
  • ルーン文字
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:children of
is prop-ja:fam of
is prop-ja:script of
is prop-ja:sisters of
is prop-ja:画像説明 of
is foaf:primaryTopic of