Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルーローの四面体 (Reuleaux tetrahedron) は、正四面体の各頂点を中心とし、正四面体の辺長(以下 s とする)を半径とする、4つの球の共通部分である。ルーローの四面体は4つの頂点、6つの辺、4つの面を持ち、正四面体と同相である。しかし、面が平面ではなく膨らんでおり、各頂点を中心とし半径 s の球面の部分集合になっている。また辺も線分ではなく、各頂点を中心とし半径 s の円弧である。そのため、多面体ではない。ルーローの四面体の定義はルーローの三角形の定義をそのまま3次元に拡張したものといえる。ルーローの四面体の3つの頂点を通る平面での断面は、ルーローの三角形である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 599943 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59065271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • Reuleaux Tetrahedron
prop-ja:urlname
  • ReuleauxTetrahedron
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルーローの四面体 (Reuleaux tetrahedron) は、正四面体の各頂点を中心とし、正四面体の辺長(以下 s とする)を半径とする、4つの球の共通部分である。ルーローの四面体は4つの頂点、6つの辺、4つの面を持ち、正四面体と同相である。しかし、面が平面ではなく膨らんでおり、各頂点を中心とし半径 s の球面の部分集合になっている。また辺も線分ではなく、各頂点を中心とし半径 s の円弧である。そのため、多面体ではない。ルーローの四面体の定義はルーローの三角形の定義をそのまま3次元に拡張したものといえる。ルーローの四面体の3つの頂点を通る平面での断面は、ルーローの三角形である。
rdfs:label
  • ルーローの四面体
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of